格差や不平等を決定づける「豊かさ」は、人類に何をもたらしたのか。19世紀のイギリスを中心に、古代ギリシャ・ローマから明日の日本までをユニークな4つの観点から実証データを交えて記述した骨太の大作を文庫化。

「豊かさ」の誕生(下)
成長と発展の文明史

定価:本体1,000円+税
発売日:2015年06月03日
ISBN:978-4-532-19769-8
並製/A6判/336ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

格差や不平等を決定づける「豊かさ」は、人類に何をもたらしたのか。19世紀のイギリスを中心に、古代ギリシャ・ローマから明日の日本までをユニークな4つの観点から実証データを交えて記述した骨太の大作を文庫化。

ピケティが問題提起した、先進国における格差・不平等。その原因ともなる「豊かさ」の歴史を明快に分析した名著。

目次

  1. 第2部 豊かな国、貧しい国
    第7章 勝ち組の経済--オランダとイギリス

    第8章 キャッチアップした国々

    第9章 取り残された国々

     第3部 豊かさのもたらすもの
    第10章 神、文化、金銭欲、そして快楽主義の踏み車

    第11章 成長か平等か--大いなるトレードオフ

    第12章 勝者の呪い--富神マモンと軍神マルス

    第13章 成長の終わり?

    第14章 いつ、どこで、そしてどこへいくのか

著者・監修者プロフィール

ウィリアム・バーンスタイン(うぃりあむ・ばーんすたいん)

投資理論家、歴史研究家。
米国の個人投資家が最も信頼する投資情報ウェブサイトefficientfrontier.comを運営している。
幅広い学識に基づいた設資・経済観には定評があり、モーニングスターのコラムニス卜兼アナリストとしても活躍、ウォール・ストリート、ジャーナル紙などにもたびたび登場している。
主な著書に『華麗なる交易』(日本経済新聞出版社)、『投資「4つの黄金則」』(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

徳川 家広(とくがわ いえひろ)

1965年東京生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒業後、ミシガン大学で経済学修士号取得。
国連食糧農業機関(FAO)のローマ本部、ベトナム(ハノイ)支部で勤務。
その後、コロンビア大学で政治学修士号取得。2001年に帰国し、翻訳家として活躍中。
訳書に『最強国の条件』『訣別 ゴールドマンサックス』(ともに講談社)、『大いなる探求』(新潮社)、著書に『自分を守る経済学』(ちくま新書)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading