フォード、コカ・コーラなど、現実を認めない態度が企業を破滅へと導いた事例、逆にデュポン、インテルなど、真実を直視して復活した例からその教訓を解き明かし、危機に瀕したときにリーダーが従うべき教訓を説く。

なぜリーダーは「失敗」を認められないのか

定価:本体900円+税
発売日:2015年04月03日
ISBN:978-4-532-19759-9
並製/A6判/400ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

フォード、コカ・コーラなど、現実を認めない態度が企業を破滅へと導いた事例、逆にデュポン、インテルなど、真実を直視して復活した例からその教訓を解き明かし、危機に瀕したときにリーダーが従うべき教訓を説く。

『ビジョナリーカンパニー』の著者、ジム・コリンズが推薦!! C・クリステンセン、シェリル・サンドバーグも絶賛。

目次

  1. 第1部 現実を見誤る
     第1章 悪い情報を遮断する――ヘンリー・フォードと<モデルT>
     第2章 どうしてあなたは「認められない」のか
     第3章 技術的キャズム――タイヤ業界が認められなかったこと
     第4章 「これが現実だなんて、信じられなかった」――A&Pの凋落
     第5章 巨大建築コンプレックス――シアーズの否認
     第6章 今日の行いは、明日の成功につながるか――IBMの否認と復活
     第7章 コカ・コーラがついた“真っ赤な嘘”
     第8章 群衆の狂気――ドットコムバブルと否認

    第2部 真実を見極める
     第9章 戦略、組織構造、そして現実の直視――デュポン
     第10章「僕らが一度会社を辞めたつもりになって……」――インテルにおける新たな視点
     第11章 データ重視のEQ経営――タイレノールの復活
     第12章 新たな視点

著者・監修者プロフィール

リチャード・S・テドロー(りちゃーど・S・てどろー)

ハーバード・ビジネススクール教授(経営管理)。
著書に『アンディ・グローブ』(ビジネスウィーク誌が選ぶ2006年ベスト10)、Giants of Enterprise(ビジネスウィーク誌が選ぶ2001年ベスト10)など。ハーバード・ビジネス・レビュー誌、フォーチュン誌ほか多数の雑誌、専門誌にも寄稿している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

土方 奈美(ひじかた なみ)

翻訳家
1971年東京生まれ。1995年慶應義塾大学文学部卒業、日本経済新聞社入社。日本経済新聞、日経ビジネスなどの記者を務める。2008年に退社、米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナーの資格を生かし、経済・金融分野を中心に翻訳を手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading