日々の経済ニュースを理解するには、頻出キーワードの意味を学ぶのが一番の早道。GDP、景気循環など基本用語から企業再編とM&Aといった最新トピックまで、59の言葉を明快に解説。日経がもっと面白くなる!

最新キーワードでわかる! 日本経済入門

定価:本体648円+税
発売日:2008年05月02日
ISBN:978-4-532-19450-5
並製/A6判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日々の経済ニュースを理解するには、頻出キーワードの意味を学ぶのが一番の早道。GDP、景気循環など基本用語から企業再編とM&Aといった最新トピックまで、59の言葉を明快に解説。日経がもっと面白くなる!

キーワードからひもとけば、経済もよくわかる!日本経済の「いま」を学べるコンパクトな用語集。

目次

  1. まえがき

    第1章 経済の流れを掴む
     1 経済あたま
       1 経済あたまになるコツ
       2 生産所得支出の好循環
     2 “経済”を示す指標たち
       3 潜在成長力
       4 GDP
       5 景気循環
       6 金利
       7 物価
       8 為替レート
     3 “GDP”の中身
       9 個人消費
       10 設備投資
       11住宅投資
     4 現代日本経済の流れ
       12 大局的な流れ

    第2章 “経済の安定”のために
     1 マクロ経済政策
       13 日本銀行の金融政策
       14 政府予算
     2 その他の政策
       15 通商政策――FTA/EPA
       16 為替政策
       17 環境政策
       18 雇用政策

    第3章 マクロ経済のプレーヤー
     1 企業
       19 企業再編、M&A
       20 海外展開
       21 企業法
       22 企業利益
       23 企業のバランスシート
       24 企業統治
       25 日本型経営
       26 ベンチャー企業
     2 家計
       27 家計のバランスシート
       28 完全失業率
       29 フリーターとニート
     3 政府
       30 政府税制調査会
       31 第三セクター
       32 市場化テスト
       33 政府債務
       34 プライマリーバランス
     4 日銀
       35 金融政策決定会合
     5 海外
       36 中国経済
       37 米国経済
       38 経常収支
       39 BRICs
       40 グローバル・インバランス
     6 金融と市場
       41 金融資本市場
       42 株価
       43 資産価格インフレ
       44 商品相場

    4章 日本経済の構造が変わる
     1 日本経済の特徴とこれからのキーワード
       45 国際競争力
       46 科学技術政策
       47 産業構造
       48 IT
       49 労働生産性
       50 資本取引
       51 温暖化ガス
       52 少子高齢化
       53 合計特殊出生率
       54 年金
       55 医療制度
       56 日本経済の課題

著者・監修者プロフィール

三菱総合研究所(みつびしそうごうけんきゅうじょ)

日本を代表する総合シンクタンク。
世の中の課題を解決し、よりよい社会を実現するために、課題解決の提言から実行までを手掛ける「Think&Act(構想し、実現する)」を標榜。1970年の創業以来、企業経営、インフラ整備、教育、医療、福祉、環境、資源、エネルギー、安全防災、先端科学技術、ICTなどさまざまな分野で、次代を牽引する役割を担っている。政策・公共部門、企業・経営部門、研究・開発部門の3つの部門からなり、科学技術系を中心に約750名の研究員を擁する。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading