「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」――。「創刊男」の異名を持ち今日のリクルートを築いた伝説の編集者が、売れるモノを作る究極の仕事術を全公開。次々とヒットを飛ばすための秘訣とは?

リクルート「創刊男」の大ヒット発想術

定価:本体714円+税
発売日:2006年08月02日
ISBN:978-4-532-19353-9
並製/A6判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」――。「創刊男」の異名を持ち今日のリクルートを築いた伝説の編集者が、売れるモノを作る究極の仕事術を全公開。次々とヒットを飛ばすための秘訣とは?

目次

  1. まえがき

    1章 ちゃんとふつうに生活すること
     1 いい商品をつくるためには、商品のことを考えてはダメ
     2 ちゃんと生活しながら、喜ぶ。驚く。怒る。不思議がる
     3 「論より技術」「きらめく才能より地に足つけた生活」
     4 アポは「遠い人」を優先する
     5 「生まれて初めて」に挑む  他

    2章 「人の気持ち」を聞いて、聞いて、聞きまくる
     1 「マーケティング」とは、「人の気持ちを知る」こと
     2 ヒアリングのとっかかりは「算数」から
     3 とにかく「身近な人」から聞き始める
     4 「好きな人」の次は「嫌いな人」。そして「ふつうの人」へ
     5 用紙なし・録音なし・謝礼なし・90度の位置・友達感覚・2ショット  他

    3章 「不」のつく日本語をもとめて
     1 「不満を提供しない」心地よさ
     2 「夢」より「グチ」が商売につながる
     3 「消費者ニーズ」という言葉はウソっぱち
     4 「不」のつく日本語をもとめて
     5 どれだけ「自分マーケティング」から抜け出せるか  他

    4章 ひたすらブレストをくり返す
     1 「夢」「誰」「何」――ブレストの目的をはっきりさせる
     2 「ふだんの会議」と180度違うスタンス
     3 「小学4年の放課後」を思い出しながら
     4 「いいね」「すごい」「さすが」「なるほど」・・・
     5 「また~」「そんな」「まさか」「違う」「ウソつけ」・・・  他

    5章 不平不満をやさしい言葉でまとめる
     1 ひらがなのススメ
     2 「属性」で商売できたら誰でも成功社長になれる
     3 「集合名詞」は口説き落とせない
     4 感情移入してその人物になりきる
     5 「カッコいい大風呂敷と 地味な1歩」  他

    6章 まとめた言葉をカタチにする
     1 創刊のために社内資料をむさぼり読む
     2 「カタチ」――需要と供給が出あう場所
     3 「人のカラダを動かす」メディア・ビジネス
     4 理屈をこねずに、ひたすら手を動かす
     5 カタチが、国語と算数をつなぐ  他

    7章 プレゼンテーション――市場への第1歩
     1 右手にロマン、左手にソロバン、心にジョーダン
     2 「全員賛成」では、市場は創造できない
     3 江副浩正という男
     4 伝説となった「フロム・エー」のプレゼン
     5 会場を「市場」の空気で充満させる  他

    8章 「起業」――夢を見すえて変化に即応する
     1 すべては「とらばーゆ」から始まった
     2 創業時の成否を決める「人間POS」
     3 レボリューションではなくイノベーション
     4 夢を見すえながら「今日の現実」に立ち向かう
     5 ズレに気づいたらすぐ修正――「朝令暮改」「朝令朝改」  他

    あとがき
    文庫版あとがき

著者・監修者プロフィール

くらた まなぶ(くらた まなぶ)

「あそぶとまなぶ」代表取締役。1952年生まれ。中央大学法学部卒。1978年リクルート入社。以来、20年間に「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」など6つのの情報誌の創刊に携わる。社内外で「創刊男」の異名をとり、様々な新市場を創造した。新規事業開発室長、編集制作統括室長などを歴任。今日のリクルートを築き上げた中心人物の1人。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading