2リーグ制発足と同時に半世紀余り。ついに消滅した近鉄を中心に、「大阪」「パ・リーグ」の現場を通して描く、球界のもうひとつの歴史。草創期から取材してきたベテラン記者ならではのヒトくさいエピソードが満載。

近鉄球団、かく戦えり。

定価:本体667円+税
発売日:2005年07月04日
ISBN:978-4-532-19297-6
並製/A6判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

2リーグ制発足と同時に半世紀余り。ついに消滅した近鉄を中心に、「大阪」「パ・リーグ」の現場を通して描く、球界のもうひとつの歴史。草創期から取材してきたベテラン記者ならではのヒトくさいエピソードが満載。

目次

  1. プロローグ「近鉄なくなりました」

    第1章 最弱軍団、かく戦えり
     半世紀前にも消滅の危機
     勝率2割3分8厘
     デリケートな猛牛
     注入された巨人の血
     ピストル打線の主砲  他

    第2章 わがバッパロー
     「日本一になるまで」
     幻のひとり立ちプラン
     季節はめぐる
     「野球のためにアリガトウ」
     “マイホーム”藤井寺

    第3章 「実力のパ」の歯ぎしり
     消された西鉄
     V9に沈んだ猛者たち
     長嶋人気は不滅です
     カネやんダンス
     寂しき勇者  他

    第4章 猛牛が角を向けた時
     レッドdeハッスル
     巨人はロッテより・・・・・
     江夏の14球?
     10・19 川崎の長い1日
     5位の舞い

    第5章 どうなる「頑張ろう大阪・神戸連合」
     「頑張ろう神戸」
     “ストなし労組”のスト決行
     闘志より投資
     “拡大強化”と“おらがチーム”
     そして、だれも・・・・・  他

著者・監修者プロフィール

浜田 昭八(はまだ しょうはち)

スポーツライター。1933年大阪生まれ。1956年関西学院大学卒業、デイリースポーツ社入社。1960年日本経済新聞社入社。運動部で一貫して野球を担当し、編集委員を経て1997年退社。その後も日経紙上で健筆をふるっている。 <主な著書>『監督たちの戦い』上・下、『プロ野球株式会社の勝者と敗者の条件』、『球界地図を変えた男・根本陸夫』(共著)、『プロ野球よ!』(共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading