双子の赤字、為替レートなど米国経済の動きと実際の政策を絡めつつ「重要なのは生産性と所得配分と失業だけ」と明快に解説。経済政策を見るための視点を教える。不況に喘ぐ日本の取るべき道にも言及。

定価:本体905円+税
発売日:2003年10月31日
ISBN:978-4-532-19202-0
並製/A6判/434ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

双子の赤字、為替レートなど米国経済の動きと実際の政策を絡めつつ「重要なのは生産性と所得配分と失業だけ」と明快に解説。経済政策を見るための視点を教える。不況に喘ぐ日本の取るべき道にも言及。

目次

  1. 刊行によせて――ポール・A・サミュエルソン



    はじめに

    第1部 経済のよしあしの根っこんとこ
      1 生産性成長
      2 所得分配
      3 雇用と失業

    第2部 相も変わらぬ頭痛のタネ
      4 貿易赤字
      5 インフレ

    第3部 政策問題
      6 ヘルスケア(医療)
      7 財政赤字
      8 激闘! 連邦準備銀行
      9 ドル
      10 自由貿易と保護貿易
      11 日本

    第4部 砂上の楼閣ファイナンス
      12 セービングス&ローン アメリカ版住専の危機
      13 まるはだか
      14 グローバルファイナンス

    第5部 アメリカの未来
      15 ハッピーエンド
      16 急降下不時着
      17 ただよう

    番外編 日本がはまった罠

    あとがきと解説とか、そんなもの――山形浩生

著者・監修者プロフィール

ポール・クルーグマン(ぽーる・くるーぐまん)

プリンストン大学教授。1953年、ニューヨーク生まれ。大統領経済諮問委上級エコノミスト、スタンフォード大学教授、マサチューセッツ工科大学教授などを歴任。世界銀行、EC委員会などの経済コンサルタントを務める。収穫逓増に基づく新貿易理論の旗手として知られ、通貨理論や、インフレ期待による日本景気回復策などで世界の注目を浴び続ける。近年はブッシュ政権批判の名コラムニストとしても有名。 <主な著書>『国際経済学』、『良い経済学 悪い経済学』、『自己組織化の経済学』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山形 浩生(やまがた ひろお)

1964年、東京生まれ。東京大学大学院修士課程およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修了。大手シンクタンク勤務の傍ら、広範な執筆活動と各種翻訳を手がけ、ウィリアム・バロウズの紹介者としても知られる。 <主な著書>『たかがバロウズ本。』、『新教養主義宣言』、、<主な訳書>、フィリップ・K・ディック『暗闇のスキャナー』、ウィリアム・バロウズ『ノヴァ急報』、『クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門』など多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading