「技術を磨くことより心の内奥に深く問い続けることが大切」「自分の力を、甘くなく辛くなく正確に把握する。そこからすべては始まる」。伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎が遺した、珠玉のゴルフスピリット。

中部銀次郎 ゴルフの神髄
新編 もっと深く、もっと楽しく

定価:本体667円+税
発売日:2003年10月03日
ISBN:978-4-532-19196-2
並製/A6判/309ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「技術を磨くことより心の内奥に深く問い続けることが大切」「自分の力を、甘くなく辛くなく正確に把握する。そこからすべては始まる」。伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎が遺した、珠玉のゴルフスピリット。

目次

  1. ゲーム設計次第でスコアが変わる
    自分自身を知れ
    一歩退く勇気を持て
    バーディはまぐれである
    意図を明確に決めること
    ヤーデージは自分で測れ
    技術は自分自身で学びとる
    同伴競技者に惑わされるな
    技ではなく、心の問題に帰着する
    アプローチの神髄
    人は人、自分は自分
    クラブは人間が振るもの
    “正しいスイング”とは
    アプローチショット
    開き直り
    ナイスショットの確率
    勝負は、心にある
    ボールの位置とスイング
    オールドコースのたたずまい
    ゴルフの鉄則
    ゴルフは不思議なゲーム
    ピュアアマチュア
    ショットのつなぎ
    あなたの「呼吸」
    ミスをしたら悔しがれ
    プレッシャーに克つ
    クラブとの付き合い方
    ゴルファーたちの名言
    ルールに甘えてはならない局面
    “遠くへ飛ばす”ということ
    ニクラウスの思い出
    クラブの材質と飛距離
    ドライバーショットのミス
    欲は捨てること
    コース設計
    ボビー・ジョーンズのこと
    もっとスコアを縮めるためには
    何はともあれ深呼吸
    自分の真の力を知る
    *銀ちゃんのこと・青木 功

著者・監修者プロフィール

中部 銀次郎(なかべ ぎんじろう)

1942年山口県下関市生まれ。甲南大学卒業。1960年18歳で日本アマ初出場。1962年初優勝。以後、17年にわたり通算6勝。1967年には西日本オープンでプロを斥け優勝。他にも数々のアマチュアタイトルを獲得し、「プロより強いアマチュア」と言われた。2001年12月逝去。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading