あのベストセラー待望の文庫化。小泉政権下で経済担当大臣になった竹中氏に佐藤氏が鋭く迫る対談を「会議その後」として収録。経済の考え方の基礎を学び、混迷する日本経済の行方を見極める際に頼れる一冊。

経済ってそういうことだったのか会議

定価:本体600円+税
発売日:2002年09月04日
ISBN:978-4-532-19142-9
並製/A6判/416ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

あのベストセラー待望の文庫化。小泉政権下で経済担当大臣になった竹中氏に佐藤氏が鋭く迫る対談を「会議その後」として収録。経済の考え方の基礎を学び、混迷する日本経済の行方を見極める際に頼れる一冊。

目次

  1. 第1章 お金の正体 …… 貨幣と信用

    第2章 経済のあやしい主役 …… 株の話

    第3章 払うのか 取られるのか …… 税金の話

    第4章 なにがアメリカをそうさせる …… アメリカ経済

    第5章 お金が国境をなくす …… 円・ドル・ユーロ

    第6章 強いアジア、弱いアジア …… アジア経済の裏表

    第7章 いまを取るか、未来を取るか …… 投資と消費

    第8章 お金儲けはクリエイティブな仕事 …… 起業とビジネス

    第9章 人間とは「労働力」なのか …… 労働と失業

    終章  競争か共存か

    会議を終えて

    会議 その後

著者・監修者プロフィール

佐藤 雅彦(さとう まさひこ)

1954年生まれ。東京大学教育学部卒。電通のクリエイティブ局を経て、1994年独立。現在、TOPICS代表。1999年より慶應義塾大学教授。1990年クリエーター・オブ・ザ・イヤー賞、1990年、1991年、2001年ADCグランプリ受賞。1999年「だんご3兄弟」でレコード大賞特別賞・企画賞、NHK会長賞、ゴールドディスク大賞。2000年i-mode公式サイト「うごくID」開始。現職・肩書: 企画事務所TOPICS代表。慶応義塾大学教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

竹中 平蔵(たけなか へいぞう)

慶應義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長。
1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。大阪大学博士(経済学)。日本開発銀行設備投資研究所研究員、大蔵省財政金融研究所主任研究官、ハーバード大学客員准教授、米国国際問題研究所(IIE)客員フェロー、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年に発足した小泉純一郎内閣において、経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。現在は、安倍晋三内閣において、産業競争力会議議員、国家戦略特別区域諮問会議議員を務めるほか、公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長などを兼任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading