日本企業の本当の強さを再発見! 上司の無理難題をものともせずに「やり過ごし」、手のかかる部下の面倒をみて、「尻ぬぐい」「泥かぶり」もいとわない、奮闘するミドルの実態を検証・分析、その驚くべ役割を解明。

できる社員は「やり過ごす」

定価:本体600円+税
発売日:2002年07月03日
ISBN:978-4-532-19135-1
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本企業の本当の強さを再発見! 上司の無理難題をものともせずに「やり過ごし」、手のかかる部下の面倒をみて、「尻ぬぐい」「泥かぶり」もいとわない、奮闘するミドルの実態を検証・分析、その驚くべ役割を解明。

目次

  1. 文庫版まえがき

    第1章 「やり過ごし」の効能 やり過ごしてますか/やや、こんなにやり過ごしている/上司の指示は「打ちあげ花火」/有能な部下は「やり過ごす」!?/上司の「バカ殿状況」にいかに対処すべきか/「やり過ごし」上手な部下を育てる

    第2章 「尻ぬぐい」で組織はまわる「真夜中のラーメン屋は大繁昌」のワケ/だれがいちばん忙しいのか?/「よけいなこと」が多すぎる/係長の「尻ぬぐい」の実態/他人の不始末に押しつぶされそうだ/「尻ぬぐい度」と業務の量の関係とは/うすうす気づいていた「尻ぬぐい」の重要性/管理者たる者の仕事

    第3章 「泥をかぶる」係長 係長にもっと光を/●実録「ある中堅社員の一日」/年功賃金はきびしいシステム/係長の仕事の範囲とは/管理職とヒラを結ぶ係長の役割

    第4章 「見通し」がほしい 仕事の満足はどこからくるのか/なぜ会社を辞めたくなるのか/社内転職で救われる/「結果オーライ」の崩壊/「見通し」ってなんだ?/発見!「見通し」で説明できる退出職願望/会社を辞めないほんとうの理由

    第5章 「未来傾斜原理」とは何か  敵同士が協力しあう不思議/裏切りがもたらす「囚人のジレンマ」/共倒れしない囚人たちもいる!?/「お返し」の強さ/協調行動が生きのこりの秘訣/「今後と  もよろしく」の気持ちが大切/未来傾斜原理とは何か/未来傾斜システムの日本企業/共に栄える条件/「見通し指数」と「未来係数」の違い/“石のうえにも三年”は未来傾斜型/未来傾斜型人間は見通しの高い企業を選ぶ

    第6章 経営者がゆらいでどうする 日本企業だけが特殊なのか/企業とは「文化」を作り出す現場である/絵に描いたようなホンダの「成功物語」/ほんとうはメタメタだったホンダの「成功物語」/プロフェッショナル・マネジメントの幻想/あなたの「組織」はほんとうに組織か/経営は集団の管理にあらず/経営者がゆらいでどうする/システムこそ企業の強さの源泉/旗は高く掲げるべし/「見通し」をあたえることの大切さ

    第7章 「未来傾斜」の意味するもの未来はかならずやってくる/未来に何をのこすのか/会社はつづいていくもの/すごいヤツに会いたい/未来をこの手に感じ取る力/未来がくるのはあたりまえ!?/「未来を割り引く」のほんとうの意味/日本人はなぜ預金するのか/つぎの世代に未来を手渡すのが仕事だ

    文庫版あとがきに代えて――もっと自信をもたないとこれぞ年功序列という会社の例/年俸制の胡散臭さ/年功制でも差はつく/年功制の意味/次の仕事の内容で報いるシステム/日本企業に対する評価はコロコロ変わる

著者・監修者プロフィール

高橋 伸夫(たかはし のぶお)

1957年生まれ。小樽商科大学卒。筑波大学大学院社会工学研究科単位取得。東北大学経済学部助教授、東京大学教養学部助教授、東京大学大学院経済学研究科助教授を経て現職 現職・肩書: 東京大学大学院経済学研究科教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading