監督は、まさしく中間管理職そのもの。決してワンマンでやっていけるものではない。そして、それはあの”ミスター”長嶋茂雄でさえ例外ではないのだ。下巻ではその長嶋のほか、星野、森の現役組、川上、鶴岡ら8人。

監督たちの戦い<決定版>(下)

定価:本体714円+税
発売日:2001年03月26日
ISBN:978-4-532-19055-2
並製/A6判/392ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

監督は、まさしく中間管理職そのもの。決してワンマンでやっていけるものではない。そして、それはあの”ミスター”長嶋茂雄でさえ例外ではないのだ。下巻ではその長嶋のほか、星野、森の現役組、川上、鶴岡ら8人。

目次

  1. 長嶋茂雄 ”ミスター・プロ野球”の光と影

    星野仙一 クールなケンカ野球

    森祇晶 V9野球の継承者  

    広岡達朗 正論野球に妥協なし  

    大沢啓二 現場とフロントを往復して  

    川上哲治 重かった常勝の十字架  

    藤田元司 セーブのつかない救援監督  

    鶴岡一人 最多勝は球史の彼方へ   

    おわりに

著者・監修者プロフィール

浜田 昭八(はまだ しょうはち)

スポーツライター。1933年大阪生まれ。1956年関西学院大学卒業、デイリースポーツ社入社。1960年日本経済新聞社入社。運動部で一貫して野球を担当し、編集委員を経て1997年退社。その後も日経紙上で健筆をふるっている。 <主な著書>『監督たちの戦い』上・下、『プロ野球株式会社の勝者と敗者の条件』、『球界地図を変えた男・根本陸夫』(共著)、『プロ野球よ!』(共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading