プロ野球の監督は、球場内より球場外での闘いの方がよほど大変だ。逆に言えば、フロントやマスコミとの厳しいせめぎ合いを勝ち抜かない限り名監督にはなれないのだ。王、野村、西本、三原ら8人の監督の闘いの軌跡。

監督たちの戦い<決定版>(上)

定価:本体714円+税
発売日:2001年03月26日
ISBN:978-4-532-19054-5
並製/A6判/384ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

プロ野球の監督は、球場内より球場外での闘いの方がよほど大変だ。逆に言えば、フロントやマスコミとの厳しいせめぎ合いを勝ち抜かない限り名監督にはなれないのだ。王、野村、西本、三原ら8人の監督の闘いの軌跡。

目次

  1. 王貞治 福岡の王は頑固一徹

    仰木彬 魔術を嫌う「魔術師」の後継者

    野村克也 月見草の執念

    上田利治 三流選手から千勝監督へ

    西本幸雄 熱血手作り野球

    吉田義男 猛虎復活を夢見て

    近藤貞雄 アイデア勝負の老青年

    三原脩 広野の栄光を求めて

著者・監修者プロフィール

浜田 昭八(はまだ しょうはち)

スポーツライター。1933年大阪生まれ。1956年関西学院大学卒業、デイリースポーツ社入社。1960年日本経済新聞社入社。運動部で一貫して野球を担当し、編集委員を経て1997年退社。その後も日経紙上で健筆をふるっている。 <主な著書>『監督たちの戦い』上・下、『プロ野球株式会社の勝者と敗者の条件』、『球界地図を変えた男・根本陸夫』(共著)、『プロ野球よ!』(共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading