「明日の日本経済を読むポイントは?」「経済学っていつ、どんなとき役に立つの?」「経済の動きをどうすれば正しく理解できる?」――今、最もアクティブな経済学者、エコノミストたちが、経済を学ぶことの面白さ、実践的勉強法を、豊富な知識と体験を交えて伝授。

経済を見る目はこうして磨く

定価:本体648円+税
発売日:2000年10月20日
ISBN:978-4-532-19002-6
並製/A6判/320ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「明日の日本経済を読むポイントは?」「経済学っていつ、どんなとき役に立つの?」「経済の動きをどうすれば正しく理解できる?」――今、最もアクティブな経済学者、エコノミストたちが、経済を学ぶことの面白さ、実践的勉強法を、豊富な知識と体験を交えて伝授。

目次

  1. まえがき 内山敏夫

    1 「経済の目」で見ると世の中はこんなに面白い
      伊藤元重(東京大学経済学部教授)

    「市場主義」も転換期に/日本社会の奇妙な安全神話/アメリカンスタンダードだって移り変わる/ITが流通の機能の「束」をほどく/ドット・コム企業も改名ブーム/百貨店と専門店、成功のポイントは?/「美人投票」と「群れの理論」/ゼロ金利解除は早すぎた?/もともとは「理科系人間」だった/「経済学者」はこうして生まれる/流通のおもしろさの虜に/学生の「経済を見る目」はこう磨く/何よりも大切なのはヒューマンキャピタルと時間/こんな大学、こんな会社は見向きもされない

    2 エコノミストの世界を一刀両断
      植草一秀(野村総合研究所上席エコノミスト)

    逆立ちした民主主義/意思決定を官から取り戻せ/日本は「アメリカ」になってしまうのか/経済外交の敗北/ビッグバンも外圧だった/「無血革命」が必要だ/生の経済は大部分が人間行動学/エコノミストの「打率」と「流派」/経済学者とエコノミストは違う人種か/「官・民・学・米」のシンクタンクを渡り歩く/「銀行-証券」のヒエラルキー/「宮沢-森」コンビの最初の失敗/グリーンスパンとカルト主義/政府が誤らなければこの国の未来は明るい

    3 経済抜きには「愛」も「革命」も語れない
      斎藤精一郎(立教大学社会学部教授)

    ワインで学ぶ国際経済/日本経済「三つの呪縛」─「冷戦構造の呪縛」「霞ヶ関の呪縛」「ケインズの呪縛」/パンツで踊る日本人/この十年で値上がりしたものがありますか/アダム・スミスの「見えざる手」が実現/「小骨の経済学」ばかりの日本/ITをビジネスに生かせない日本/アメリカを追いかけるレースが始まった/アメリカンスタイルだけじゃあ人生はつまらない/「愛」と「美」「革命」の土台は経済だ/四半期統計に一喜一憂するな/生活に役立つ経済学の時代/「経済を見る目」を磨くには/エコノミストの見分け方/サポーター株主のすすめ

    4 シンクタンクが変わらなきゃ日本だって変われない
      高橋進(日本総合研究所調査部長)

    シンクタンクは「二十四時間勤務」/誰も選択肢をきちんと示せない/政治とどこまで近づくか/公共事業の波及効果は落ちたのか/ITを「てこ」にオールドエコノミーが復活する/「ウミ」を出した企業の方が評価される/官のリストラは日本再生の大前提/行政の権限を住民に取り戻せ/「お上」まかせの時代は終わった/「右肩上がり」の夢はもう見られない/居心地がいい国、悪い国/リストラされても再チャレンジできるシステム/デフレなのか、よい物価下落なのか/経済政策に「奇策」は無用/敗者復活が難しいのはなぜか/俗説に惑わされない「経済の目」を持つ

    5 IT革命は国民運動
      竹中平蔵(慶應義塾大学総合政策学部教授)

    「海の国」と「山の国」のせめぎ合い/「受け身のリストラ」と「攻めのリストラ」/IT革命に勝つ三つの条件/IT革命の原動力はデジタル革命だ/IT革命は国民運動/プラットフォームが勝敗を決める/怠け者になった日本人/負の遺産からいつ脱却できるのか/東京、横浜の全ビル建替ができた/現実を知らない経済学者が量産されるわけ/「据わりがいい」だけのリーダーはいらない/傲慢になった日本人/自分の人生は松竹梅のどのコース?/意外に少ない大金の使い道/これからの日本は「売り」か「買い」か

    6 経済学は人生の強い味方だ
      中谷巌(三和総合研究所理事長)

    『痛快!経済学』大ヒットの戦略/「優等生」じゃないからこそよい教科書が書けた/アメリカ‘崖っぷち’修業時代/「木を見て森を見られない」日本人/日本の組織は「ヘッドレスチキン」/戦略とは「何をしないか」を決めること/血を流しても評価されない日本の経営者/「ソニーの遺伝子」とは何か/IT時代に「恐竜」は生き残れるか/エージェント・ビジネスの時代/「東大法学部出です」はもう通用しない

    あとがきに代えて 小谷真生子

著者・監修者プロフィール

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(てれびとうきょう わーるどびじねすさてらいと)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading