AIやビッグデータなど最新技術の導入で、物流が進化している。人手不足を解決し、効果的な物流戦略を実行するには?最新動向を解説。

定価:本体1,600円+税
発売日:2018年12月27日
ISBN:978-4-532-18276-2
並製/A4変型判/108ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

・アスクル、ホームロジスティクス、トラスコ中山、F-LINE、ウケトル、MUJIN、JD.com etc.――最先端事例に見るソリューション
・アマゾン、楽天、次の一手は?
・宅配危機にどう対応するか
・働きやすさを追求した次世代型物流施設が続々と誕生
豊富な事例をもとに、物流業界の最新動向をレポート!

EC(ネット販売)の急増、運輸業界の人手不足などによって、物流の重要性が増しています。
宅配危機の深層と対応策、人手不足を解消する働きやすい物流施設、AIやビッグデータを活用した配送管理や倉庫の自動化、加工食品業界で進む共同配送など、注目のトピックスを多数紹介します。

目次

  1. <対談>日本の流通構造を効率化し“社会最適”を追求する
    岩田彰一郎×角井亮一

    「運輸・倉庫」「EC」「マテハン」
    物流業界勢力図

    PART.1 宅配の危機

    PART.2 倉庫が変わる!

    PART.3 設備が変わる!

    PART.4 運輸が変わる!

    PART.5 激変!東京・名古屋・大阪の物流最新事情

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞出版社(にほんけいざいしんぶんしゅっぱんしゃ)

角井 亮一(かくい りょういち)

株式会社イー・ロジット代表取締役兼チーフコンサルタント。日本物流学会理事
1968年生まれ。上智大学経済学部を3年次で単位終了、米ゴールデンゲート大学MBA(マーケティング)。船井総合研究所、光輝物流(実家)を経て、2000年、物流コンサルティングと通販物流代行を行う株式会社イー・ロジットを設立、代表取締役に就任

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading