キャッシュはなくなり店舗は消える。支店はスマホになり、金融商品はアプリとなる。データは資産。信用が貨幣。 そして「お金」は、あなたそのものになる――ようこそ、未来の銀行へ

NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える

若林恵 責任編集
定価:本体1,200円+税
発売日:2018年12月11日
ISBN:978-4-532-18275-5
並製/A4変型判/128ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

フィンテックの勃興、仮想通貨や電子通貨の広まり、
キャッシュレス化の波によって、猛然とデジタル化・モバイル化が押し進められ、
さらに、マイナス金利、低成長、働き方改革などによって、
産業、経済のルールまでもが抜本的に見直しを迫られてもいる。
変化の混乱のど真ん中にあって、
「金融」の世界はいったい何を指針に、どこへ向けて、
どう自らを刷新しうるのか? これからの新しい社会の
「金融」を担うべき新しい機関=次世代銀行とは、いかなるものなのか?

お金とテクノロジーと社会が織りなす社会変革の壮大なシナリオを、

ダグラス・ラシュコフ(アメリカの鬼才テックシンカー)、
デイビッド・バーチ(『ビットコインはチグリス川を漂う』)、
武邑光裕(『さよならインターネット』)、
山本龍彦(『AIと憲法』)、
池田純一(デザインシンカー)、
出井伸之(クオンタムリープ)、
tofubeats(DJ・トラックメーカー)から、
アリババ ジャパンCEO、現役メガバンク取締役まで、

時代を牽引する識者とともに、『さよなら未来』の著者で
WIRED前編集長の若林恵が考えた、
次世代ビジネスマン必読の「次世代銀行論」!

【次世代銀行を考える、次世代ビジネスムック! 】

「blkswn paper 黒鸟雑志 」待望の第1弾!

◎ダグラス・ラシュコフ、デイビッド・バーチなど、国内外の気鋭の論客が寄稿
◎世界の大手銀行のイノベーション戦略を図解
◎メガバンク現役取締役や金融界が絶大な信頼を寄せる弁護士が明かす、日本の銀行の変革のシナリオ
◎これからのバンキングの基盤をなす重要概念「オープンバンキング」「BaaS」徹底解説
◎北欧の「e-bankingの父」が語る、デジタルバンクからデータバンクへの道筋
◎データビジネスに不可欠! PSD2とGDPRの基礎知識
◎アリペイのビジネスから、未来の金融ビジネスの行方を読み解く
◎データ先端国エストニア、そしてインドの「最新データガバナンス事情」
◎音楽家tofubeatsが論じる「キャッシュレス」「デジタル格差」「金融包摂」
◎GAFAに好きにはさせない! 新しい「デジタル公共インフラ」のつくりかた
◎銀行のデータビジネスを変える「半透明化のテクノロジー」とは?
◎次世代バンカー必読、これからの「お金」「経済」「社会」を考えるためのブックガイド

編集者より

「銀行、どうなる?」という問いを入り口にしてこのムックでは、そうした壮大な変革の現在進行形のすがたをさまざまな事象から検討してみることにしました。

キャッシュレス/フィンテック/アリペイ/信用スコア/デジタル分散主義/スマートアイデンティティ/半透明化テクノロジー/金融包摂(ファイナンシャル・インクルージョン)/ブロックチェーン/GDPR/情報銀行/BaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)/マイデータ/PSD2/オープンバンキング/インディア・スタック/新しい近世/ アンビエント・アカウンタビリティ etc...

よく聞くバズワードから、耳慣れない概念まで、本書には、ざまざまなことばが飛び交いますが、それらのことばの中心にある根本の問いは、結局のところ、「誰のための金融なのか?」にほかなりません。「あらゆる人がよりよく生きるために、金融システムはどう変わるべきなのか?」本書で語られることばは、すべてこの問いのまわりをぐるぐるとまわっています。

本誌は、黒鳥社(blkswn publishers)が制作・発行を手がける、初の出版物となります。発売は、日本経済新聞出版社が引き受けてくださいました。ビジネス誌でもカルチャー誌でもない、生真面目にして大胆な、ユニークなエディトリアルプロダクトになったのではないかと自負しています。

楽しんでお読みいただけましたら幸いです。

目次

  1. 1. コンヴィヴィアリティのための銀行 ― 若林恵
    2. ほんとうのデジタルエコノミーがはじまる ― ダグラス・ラシュコフ
    3. N26 自分のためのモバイルバンク ― 武邑光裕
    4. 次世代銀行のスケッチ
    5. オープンバンキングからはじめよう
    6. 「BaaS」は金融のAWSです
    7. PSD2 + GDPR 未来の銀行をめぐるふたつの原則
    8. フィンサムとレグサム「競争と協調」の意味するところ
    9. 金融ではなくテック。アリペイ・ビジネスの核心 ― 香山誠+出井伸之
    10. 信用スコアの光と影 ― 山本龍彦
    11. バーチ先生の特別講義。銀行はいかにして生き残るか? ― デイビッド・バーチ
    12. 次世代銀行員のための20冊
    13. さよなら郊外 ― tofubeats + ジェシー・リーサー
    14. マイデータ・ガバナンス・エストニア ― 若林恵
    15. ボーさんのみんなに優しいデータ経済論 ― ボー・ハラルド
    16. メガバンクの夜 ― 林尚見
    17. レガシーバンクを開放するためのいくつかの処方箋 ― 佐藤明夫
    18. お金は、あなたの「声」になる ― 武邑光裕
    19. デジタルはインドを包摂できるか? ― 岩田太地 + 瀧島勇樹
    20. 新しい近世とデジタル分散主義 ― 池田純一

著者・監修者プロフィール

若林 恵(わかばやし けい)

1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading