定型業務を自動化し、生産性を向上させるRPA。経営に与える大きな効果と導入方法を、豊富なケーススタディをもとに解説。

日経ムック RPA ホワイトカラー革命

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年03月27日
ISBN:978-4-532-18274-8
並製/A4変型判/108ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

生産性100倍も夢ではない!
1人1台、オフィスロボットの時代


・世界の最新事情に見る「IPA」への進化
・ヤマトグループ デジタルイノベーションによる経営改革
・先進事例11に学ぶ! 障害の乗り越え方と成功の秘訣
・RPAは第2ステージに突入 自動化拡大のカギはAIツールの利用・応用

<注目のインタビュー>
「企業がとるべき3つの道」入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授
「RPAはAI導入の土壌になる」山田誠二・国立情報学研究所教授
「完全自動化で世界はどうなるか」波頭亮・経営コンサルタント

定型的な業務を、ソフトウエアのロボットで自動化してくれるのがRPA(Robotic Process Automation)。ホワイトカラーがより創造的な業務にあたれるようになり、生産性が劇的に上がります。
様々な業界で導入が進む、注目のITツールです。

RPAとはそもそも何なのか?
どのような機能や特徴があり、導入のメリットはどこにあるのか?
RPAが向いている業務、あるいは向いていない業務は?
RPAを導入する際の注意点は?
本書は、このような疑問に徹底的に答えます。

また、サービス業、製造業、金融業、自治体、病院、大学など様々なタイプ・規模の組織の成功事例11を取材。成功の秘訣や障害の乗り越え方を明らかにします。
さらに、RPAとAIを組み合わせた結果、業務の自動化はどのように拡大していくのか、RPAの最先端を解説しています。

編集者より

皆さんは、単純作業にうんざりしたことはないでしょうか?
経費精算、請求書や発注書の処理、顧客データ集計など、ミスができないうえに単調で苦痛をともなう作業はたくさんあります。

そうした定型的な業務を、ソフトウエアのロボットで自動化してくれるのがRPA(Robotic Process Automation)。ホワイトカラーがより創造的な業務にあたれるようになり、生産性が劇的に上がります。様々な業界で導入が進み、今、注目のITツールです。

RPAとはそもそも何なのか? どのような機能や特徴があり、導入のメリットはどこにあるのか? RPAが向いている業務、あるいは向いていない業務は? RPAを導入する際の注意点は?
本書は、このような疑問に徹底的に答えます。

また、サービス業、製造業、金融業、自治体、病院、大学など様々なタイプ・規模の組織の成功事例11を取材。成功の秘訣や障害の乗り越え方を明らかにします。
特別インタビューには人気の経営学者、入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授が登場。AIやRPAによって、経営や組織がどのように変わるのか、展望していただきました。
さらに、RPAとAIを組み合わせた結果、業務の自動化はどのように拡大していくのか、RPAの最先端を解説しています。

あなたの職場にRPAを導入する際、ぜひ参考にしてください!

目次

  1. PART1 RPAで経営が変わる

    PART2 RPAの基本を理解する

    PART3 RPAの導入ステップ

    PART4 RPA導入の成功事例

    PART5 RPA×AIによる進化

著者・監修者プロフィール

NTTデータ(えぬ・てぃ・てぃでーた)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading