日本が激変した時代、私たちは何をしてきたのか――。

激動の平成
日経 平成三部作

御厨貴 編著/芹川洋一 編著/小峰隆夫 著/伊丹敬之
定価:本体5,400円+税
発売日:2019年04月26日
ISBN:978-4-532-17901-4
上製/四六判/896ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「激動の平成」BOXセット

30年間の「平成」という時代――。
バブル崩壊と長期低迷、グローバル化と少子高齢化、自民一党支配の終焉、大災害の続発、ネット社会の到来など、戦後レジームが大きく変わった時代について日本を代表する知識人が緻密に振り返り、未来を見通した『平成の政治』、『平成の経済』、『平成の経営』の3冊を特製BOXに収めました。


平成の政治』御厨貴 編著/芹川洋一 編著
平成という時代を「政治」から解剖。碩学の研究者とベテラン記者が、日本政治の真髄を知悉した論者3人を招き繰り広げる本格政治論。
定価:本体1,800円+税/280ページ

平成の経済』小峰隆夫 著
なぜ日本は絢爛の輝きの末に転落し、30年間苦闘を続けたのか?バブル崩壊直後の「経済白書」を執筆した官庁出身エコノミスト渾身作。
定価:本体1,800円+税/314ページ

平成の経営』伊丹敬之 著
絶頂からの転落はなぜ起きたのか、再生の戦略は何か――。30年間に日本企業に何が起きたのかを日本を代表する経営学者が初めて解明。
定価:本体1,800円+税/304ページ

編集者より

御厨貴、芹川洋一 編著『平成の政治』、小峰隆夫 著『平成の経済』、伊丹敬之 著『平成の経営』の3冊をボックスセットにした『激動の平成』を発売しました。著者陣はいずれも日本を代表する論者ばかり。3冊を通読すると、日本社会がどのように変わってきたのか、そして今後どこへ向かっていくべきなのか、多角的な視点から深く理解できます。

政治経済、ビジネスを大きく動かした数々の出来事を読むと、当時のニュースが私たちの仕事、暮らしにどのような影響を与えたのかが思い起こされ、懐かしい気持ちにもさせられます。

平成から令和へ、時代が移っても、世界が激変していくトレンドが変わることはありません。過去に学び、未来を考えられる「平成の三部作」は、新しい時代を生き抜くための必読書として、お勧めです。

(2019.4.26)

著者・監修者プロフィール

御厨 貴(みくりや たかし)

東京大学名誉教授、東京都立大学名誉教授
1951年東京生まれ。75年東京大学法学部卒。同大学助手を経て、78年東京都立大学助教授、88年同教授、ハーバード大学客員研究員を経て、99年政策研究大学院大学教授。2002年東京大学先端科学技術センター教授等を経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

芹川 洋一(せりかわ よういち)

日本経済新聞論説フェロー
1950年生まれ。東京大学法学部卒業、同新聞研究所修了。日本経済新聞社に入り、79年より2005年まで政治部に所属し、同部次長、編集委員、政治部長を務める。大阪編集局長、執行役員電波電子戦略室長、論説委員長、論説主幹等を経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小峰 隆夫(こみね たかお)

大正大学地域創生学部教授、日本経済研究センター研究顧問
1947年埼玉県生まれ。1969年東京大学経済学部卒。同年経済企画庁入庁、経済企画庁長官秘書官、日本経済研究センター主任研究員、経済企画庁調整局国際経済第一課長、調査局内国調査第一課長、国土庁審議官、経済企画庁審議官、経済研究所長、物価局長、調査局長、法政大学教授などを経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)

国際大学学長、一橋大学名誉教授
1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了・PhD。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を経て現在に至る。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める。経済産業省等の審議会委員など多数歴任。2005年紫綬褒章を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading