「優しい子」よりマネジメント上手になろう――離れて親と暮らす人が知っておくべき心がまえと実用情報。

遠距離介護で自滅しない選択

定価:本体1,400円+税
発売日:2019年12月19日
ISBN:978-4-532-17684-6
並製/A5判/176ページ
予約注文する

おすすめのポイント

仕事や家庭生活との両立は困難を極め、
ときに離職を迫られることもある「遠距離介護」――
どうすれば“自滅"せずに両立できる?

本書では、「どれぐらい実家に顔を出せばよいか」「通いの交通費を誰が負担するか」
「どのタイミングで施設介護を検討すべきか」
「『危ないかもしれない』となったとき、どうすればよいか」など、
遠距離介護予備軍の人、遠距離介護中の人が知っておくべき実用的な情報について紹介。

「妻と自分の双方の親が同時に要介護になったケース」「自分が海外勤務で親が日本にいるケース」
「同居で失敗したケース」「親が熟年離婚しておりそれぞれにフォローが必要なケース」
「認知症で施設退去を迫られているケース」など、
8つのケーススタディをもとにわかりやすく解説する。

著者・監修者プロフィール

太田 差惠子(おおた さえこ)

介護・暮らしジャーナリスト、NPO法人パオッコ理事長、AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)
京都市生まれ。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了(社会デザイン学士)。「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」等の視点で新聞、テレビなどのメディアを通して情報を発信する。企業、組合、行政での講演実績も多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading