いま日本が、世界が直面する課題とは何か、どう解決すべきか。経営者、研究者など、一流の論客を招く番組をベースにポイントを解説。

NIKKEI日曜サロン 日本を考える

定価:本体1,700円+税
発売日:2019年12月05日
ISBN:978-4-532-17681-5
並製/A5判/324ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

・本書を読むだけで、日本が直面する課題が手に取るようにわかる!

・日曜朝、BSテレ東で放送される「NIKKEI日曜サロン」。政財官学界を代表する一流の識者を招き、政治経済、社会問題、国際問題、歴史などさまざまなテーマにつき、貴重な視点、意見を学べる番組だ。

・本書は、放送開始1年に蓄積された知見から、ポイントをダイジェストして紹介する一冊。各出演者ごとに対談形式で手軽に読むことができ、いま世の中で何が問題になっているのか、私たちはどう向き合うべきか、解決に向けて何ができるのかを考えられる一冊である。

目次

  1. 1 平成を語り、令和を考える

    2 経済・社会の課題を考える

    3 政治と有権者を考える

    4 世界情勢と外交を考える

    5 いま戦争を考える

著者・監修者プロフィール

BSテレ東(びーえすてれとう)

NIKKEI日曜サロン
2018年、BSテレ東で毎日曜朝9時半、日本経済新聞社提供で放映開始された討論番組。司会は芹川洋一・日経新聞論説フェロー。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

芹川 洋一(せりかわ よういち)

日本経済新聞論説フェロー。
1950年熊本県生まれ。東京大学法学部卒業、同新聞研究所修了。76年日本経済新聞社に入り79年より2005年まで政治部に所属し、次長、編集委員、政治部長を務める。大阪編集局長、論説委員長、論説主幹等を経て現職。『憲法改革』、『政治を動かすメディア』(共著)、『平成政権史』、『平成の政治』(共編著)など著書多数。東海大学客員教授。2019年度日本記者クラブ賞受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading