スターリン、チャーチル、ホー・チ・ミン――。勝利をもたらすリーダーに共通する、知を共有し人々を動かす知略のメカニズムを解明。

知略の本質
戦史に学ぶ逆転と勝利

定価:本体2,200円+税
発売日:2019年11月06日
ISBN:978-4-532-17676-1
上製/四六判/418ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

●本質シリーズの最終巻
圧倒的に不利な条件から勝利を導き出した独ソ戦のスターリン、英独戦のチャーチル、ベトナム戦争のホー・チ・ミン、対イラク戦圧勝もつかの間、非正規戦という泥沼の打破を迫られた米国――。

本書は、日本陸軍の敗北のメカニズムを組織論の切り口から解明した『失敗の本質』(中公文庫)、海外の戦史を題材に成功の本質を解明した『戦略の本質』、国家指導者に焦点を当てた『国家経営の本質』につづく本質シリーズの最終巻。勝利を実現するメカニズムの解明は、『失敗の本質』とは裏表の関係となります。また『戦略の本質』は逆転を生み出した要因を現場の指揮官レベルで解明しましたが、本書は国家の指導者レベルとリンクさせて、機動戦と消耗戦を臨機応変に使い分ける知略戦略こそが勝利を生み出したというストーリーで解説します。

知略戦略とは、「知略=知的機動力」で賢く戦う哲学であり、過去-現在-未来の時間軸で、組織メンバーの共感を得、一丸とさせる共通善のために「何を守り、何を変革するか」の動的平衡を追い求めながら、行動し続ける戦い方を指す。これを実現できたリーダーが、本書で取り上げる、スターリン、チャーチル、ホー・チ・ミンです。

編集者より

『知略の本質』は1984年に刊行され日本軍の失敗を組織論的に解明した名著『失敗の本質』(ダイヤモンド社、中公文庫)のシリーズ最終巻です。実は、『失敗の本質』の続編『戦略の本質』が刊行されるまで約20年の休眠期間があったのですが、『知略の本質』の場合、刊行まで4年近くかかっています。

毎月土曜か日曜日に研究会を行い、コンセプトのすり合わせ、執筆スタイルの確認を行い、より読者が興味を引く内容になるように推敲が行われました。またすべての戦史の原稿がそろったところで、本書全体でどのようなメッセージが出せるかを筆者の代表の野中氏が様々なアイデアを収斂させていく作業が待っていました。その成果が終章(知略に向かって)で示されています。戦史のパートも面白いのですが、人文科学、社会科学の最新の成果を踏まえた最終章もお楽しみ下さい。

(2019.11.5)

目次

  1. 序 章 四度目の挑戦

    第1章 独ソ戦――勝利を呼び込んだ戦術と戦略の進化

    第2章 イギリス1941~43――守りから逆転へ

    第3章 インドシナ戦争――ゲリラ戦と正規戦のダイナミックス

    第4章 イラク戦争と対反乱(COIN)作戦――パラダイム・シフトと増派(サージ)戦略

    終 章 知略に向かって

著者・監修者プロフィール

野中 郁次郎(のなか いくじろう)

一橋大学名誉教授
1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にてPh.D取得。著書に『失敗の本質』『戦略の本質』(各共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

戸部 良一(とべ りょういち)

国際日本文化研究センター名誉教授、防衛大学名誉教授
1948年生まれ。京都大学大学院修了。防衛大学校教授、国際日本文化研究センター教授、帝京大学文学部教授を歴任。博士(法学)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

河野 仁(かわの ひとし)

1961年生まれ。84年大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程教育学専攻修了、96年米ノースウェスタン大学大学院博士課程社会学専攻修了(Ph.D.)、防衛大学校講師、助教授を経て2004年より防衛大学校教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

麻田 雅文(あさだ まさふみ)

1980年生まれ。岩手大学人文社会科学部准教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading