人生や仕事の成否は、どこまで「運」に左右されるのか。歴史や経済などの様々な事例を紹介しながら、偶然を味方にする方法を考える。

世界を支配する運と偶然の謎

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年10月29日
ISBN:978-4-532-17675-4
並製/四六判/280ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

☆人生も、ビジネスも、そして世界情勢すらも「運と偶然」によって大きく影響されていることには、誰も異論をはさみません。しかし、「では、偶然とは何か。どうして偶然の出来事が起こるのか」と問われても、多くの人は答えに窮してしまいます。

☆本書は、偶然と必然にはどのような違いがあり、どうすれば偶然の本質を理解し、飼い馴らし、運を引き寄せることができるのかをスポーツ、経済・ビジネス、歴史的事件など様々な事例を紹介しつつ、自然科学や社会科学、さらに数学などの知見を用いながら平易に解説します。

☆ますます「不確実性」に満ちあふれ、そして「運と偶然」に支配する世界に生きる私たちが、どう生きるべきかのヒントにもなる画期的な好読み物です。

目次

  1. 第1章 偶然、確率、そして運

    第2章 ビジネスの成功、不成功を決めるもの

    第3章 株価や経済はなぜ予測できないのか

    第4章 神はサイコロを振らない

    第5章 歴史は偶然が作り出す

    第6章 人生の運、不運

著者・監修者プロフィール

植村 修一(うえむら しゅういち)

著述家
1956年福岡県生まれ。79年東京大学法学部卒業、日本銀行入行。90年大蔵省銀行局へ出向。日銀調査統計局企画調査課長、経済産業研究所上席研究員、日銀金融機構局審議役などを経て、2012年経済産業研究所上席研究員、2013年大分県立芸術文化短期大学教授。2018年退職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading