「初めから狙ってたんでしょ、小説家を」ちがうのだ。83年の人生をユーモラスに時に毒をはきながら軽妙なタッチで綴る自伝的エッセイ集!

私が作家になった理由

定価:本体1,500円+税
発売日:2019年01月18日
ISBN:978-4-532-17653-2
上製/小B6判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

都会的な短編小説の名手としてだけでなく、多彩な貌を持つ作家がみずみずしい文章で綴った自伝的エッセイ集!
エスプリの効いた文章は自己を通した時代に対する批評となり、時にユーモアを交えて辛辣な毒も見え隠れする。

早稲田大学の文学部で学び、卒業後は給料を得て習作するのに適している国会図書館に勤務し、退職して物書きに転身、文学賞をえて作家になる――小説家になる典型と言ってよいほどのコースを歩んできた作家が「初めから狙ってたんでしょ」と聞かれると、ちがうのだと否定する。小説を書くことも注文を受けて初めて筆をとったのであり、若い頃から志していたわけではなく、小説家になる能力など、備わっていない、と思っていたと綴る。でも、83年の人生を振り返ってみると……志していなかったにもかかわらず、小説家になるための経験を思いもよらず積んでいたのではないか。その一場面一場面を綴っていくことによって、作家に「なってしまった」理由が浮かび上ってくる。軽妙なタッチゆえにくぐりぬけてきた時代への風刺も洒脱で、いかにも阿刀田さんらしい"自伝"が編まれた。創作秘話も満載で、デジタル化の波に翻弄されている文学、そして本への尽きせぬ思いも随所に。楽しく読んで腹にずしりとくる、そんな文学論にもなっている。

目次


  1. 読書好き/双子の兄/父の思い出/軍国少年/子どもの本/落語全集/百人一首/大発明家/ユニークな先生/若い日の読書/朝鮮戦争/ギリシャ愛/帝都名画座/心の明るさ/肺結核/療養生活/小説家の原点/授業料滞納/卒業まで/文学の本義/就職


    司書/三帖一間で/ゲーテ図書館/安月給/結婚/著述家に転身/モチーフ/異端/初期短編/創作の手法/技あり


    ギリシャ神話/旧約聖書/新約聖書/生きる力/取材旅行/イスラエル/ハンニバル/歴史の意志/タイからの帰途/テレビに出演/長編歴史小説/酒場談議/直木賞の選考/人間を描く/星新一さん/自宅マンション


    自国の言葉/国語審議会①/国語審議会②/井上ひさしさん/国際ペン/高行健さん/莫言さん①/莫言さん②/外国語


    朗読/大震災①/大震災②/原子力災害/山梨県立図書館/読書離れ/書き込み/ダイジェスト①/ダイジェスト②/ダイジェスト③/夏目漱石①/夏目漱石②/小説とは①/小説とは②/究極の理想/座右の銘

著者・監修者プロフィール

阿刀田 高(あとうだ たかし)

作家
1935年、東京生れ。早稲田大学文学部卒。国立国会図書館に勤務しながら執筆活動を続け、78年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。79年「来訪者」で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞。95年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞。日本ペンクラブ会長や文化庁文化審議会会長、山梨県立図書館長などを歴任。2018年、文化功労者。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading