平成の名経営者50人の金言と波瀾万丈のエピソードを1冊に。逆境を乗り越え、成功を掴んだリーダーの魅力に作家・村上龍が迫る。

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 スゴい社長の金言

定価:本体1,600円+税
発売日:2016年09月27日
ISBN:978-4-532-17602-0
並製/四六判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「成功するまでやれば必ず成功する」

「経営者は従業員の心を掴め」稲盛和夫(JAL)
「ITビジネスはスピードが命、大きな会社では難しい」三木谷浩史(楽天)
「強い会社はトップダウンもボトムアップも強い」柳井正(ファーストリテイリング)
「まずゴールを決めて走り出す」似鳥昭雄(ニトリ)
「勝算7割で勝負せよ」孫正義(ソフトバンク)
「弱みばかり議論するな。まず強みを磨け」坂根正弘(コマツ)
「他人ではなく自分のコストを削れ」鈴木修(スズキ)
「他と同質では生き残れない」鈴木敏文(セブン&アイ)
「生産性を上げればおいしくなる」正垣泰彦(サイゼリヤ)
「不況は変化へのサイン」大山健太郎(アイリスオーヤマ)
「笑って会議する」ジェフ・ベゾス(アマゾン)
「困っているを解消する」瀬戸薫(ヤマト運輸)
「再建は楽しく元気に」澤田秀雄(ハウステンボス)

テレビ東京人気番組「カンブリア宮殿」10周年記念、特別編集金言集。

「カンブリア宮殿」、10年間のゲスト500人の中から50人を厳選し、金言・エピソードとともに紹介します。


「危機感と偏愛」があれば、企業家は必ず何かに出合う。
開発すべき新商品のアイデアやヒント、同志、出資者などが、行く手に潜んでいる。
「成功するまでやれば必ず成功する」
何人かのゲストからその言葉を聞いた。
まさにそれがカンブリアスピリットだと思っている。
(まえがきより。村上龍)

目次

  1.  Ⅰ 「勝ち組」企業の条件
    張富士夫(トヨタ自動車名誉会長)
    大橋洋治(ANAホールディングス相談役)
    後藤卓也(花王元取締役取締役会会長)
    堀場雅夫(堀場製作所創業者)
    新浪剛史(ローソン元社長兼CEO)
    森  稔(森ビル元会長)
    三木谷浩史(楽天代表取締役会長兼社長)
    鳥羽博道(ドトールコーヒー名誉会長)
    坂根正弘(コマツ相談役)
    永守重信(日本電産代表取締役会長兼社長・CEO)
    山田 昇(ヤマダ電機会長)
    柳井 正(ファーストリテイリング会長兼社長)

     Ⅱ リーマン・ショック後の世界
    高原豪久(ユニ・チャーム代表取締役社長執行役員)
    鈴木 修(スズキ会長)
    鈴木敏文(セブン&アイホールディングス名誉顧問)
    樋口武男(大和ハウス工業会長)
    正垣泰彦(サイゼリヤ会長)
    細谷英二(りそなホールディングス会長)
    荻田 伍(アサヒグループホールディングス元代表取締役会長兼CEO=現相談役)
    星野佳路(星野リゾート社長)
    大山健太郎(アイリスオーヤマ代表取締役社長兼新商品開発責任者)
    宗次徳二(カレーハウスCoCo壱番屋創業者) 宗次直美(カレーハウスCoCo壱番屋創業者相談役)
    孫 正義(ソフトバンクグループ代表取締役社長)

     Ⅲ 震災を乗り越えて
    瀬戸 薫(ヤマトホールディングス相談役)
    増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役社長兼CEO)
    ハワード・シュルツ(スターバックス会長兼CEO)
    川上量生(カドカワ代表取締役社長)
    古森重隆(富士フイルムHD代表取締役会長・CEO)
    ジェフ・ベゾス(アマゾンCEO)
    澤田秀雄(ハウステンボス社長)
    稲森和夫(日本航空取締役名誉会長) 植木義晴(日本航空代表取締役社長)
    茂木友三郎(キッコーマン取締役名誉会長取締役会議長)
    尾山 基(アシックス代表取締役社長CEO)
    松井忠三(良品計画会長)
    野中正人(しまむら代表取締役社長)


     Ⅳ 新しい企業のかたち
    山田義仁(オムロン代表取締役社長CEO)
    ジェームズ・ダイソン(ダイソン創業者)
    豊田章男(トヨタ自動車社長)
    井上礼之(ダイキン工業取締役会長兼グローバルグループ代表)
    神田 正(ハイディ日高会長)
    宮坂 学(ヤフー社長)
    加賀見俊夫(オリエンタルランド会長兼CEO)
    デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社社長)
    鈴木直道(北海道・夕張市市長)
    福島 徹(福島屋会長)
    森下篤史(テンポスバスターズ創業者)
    西川八一行(西川産業代表取締役社長)
    住友達也(とくし丸社長)
    似鳥昭雄(ニトリホールディングス代表取締役社長)

著者・監修者プロフィール

村上 龍(むらかみ りゅう)

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

テレビ東京報道局(てれびとうきょうほうどうきょく)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading