悪女か、賢帝か――。知略、謀略を尽くして帝国「唐」の権力を奪取、中国史唯一の女帝に上り詰めた生涯を鮮烈に描く歴史大作。

則天武后(上)
皇后立志篇

定価:本体1,700円+税
発売日:2018年12月21日
ISBN:978-4-532-17150-6
上製/四六判/360ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

中国史上、唯一の女帝に上り詰めた則天武后(武則天)の生涯を描く歴史小説!

稀代の悪女か、それとも叡智に富む賢帝か――。唐代初期、武将で材木商の父のもとに生まれた武照(後の則天武后)は、いかにして後宮から、帝にまで上り詰めたのか。

複雑怪奇な宮廷の権力争いの中で、様々な謀略、知略を駆使して次第に権力を握っていく過程を、鮮やかな筆致で描き出す。

編集者より

本書の原稿を最初に読んだときは、とにかく激しい衝撃を受けました。唐初期の人で、中国史上唯一の女帝、そして稀代の悪女という、教科書的な知識はあったのですが、その個性までは詳しく知らなかったからです。

則天武后(あるいは武則天)として広く知られる主人公・武照は、幼少の頃からその美貌と賢さで周囲からも注目を集める存在だったようです。読者もそのキャラクターに惹かれると思います。

ところが、その才が認められ、下級女官として後宮(大奥のようなもの)に入ってから、雲行きが怪しくなります。権力に取り入り、ライバルの女性を蹴落とすために、あの手この手を使うのですが、これが怖い。

ネタバレになるため、詳しく書けませんが、目の上のコブだった皇后をワナにはめようと、「そんなことまで、やるのか!」という凶行に走ります。しかも躊躇なく。その後に至っては……このあたりでやめておきます。

人間はこれほど残酷になれるのか、そして、そこまでして固執した権力はいかに虚しいか、を読み取れる意味で、深みある作品です。同時に、波瀾万丈の物語はエンタメ要素も溢れます。お薦めの歴史大作です。

目次

  1. 第一章 雨女

    第二章 媚娘

    第三章 後宮

    第四章 阻害

    第五章 崩御

    第六章 李治

    第七章 李勣

著者・監修者プロフィール

塚本 靑史(つかもと せいし)

作家
1949年岡山県倉敷市生まれ。同志社大学卒業。日本写真印刷勤務、イラストレーターとして活躍の後、96年長篇小説『霍去病』を発表して注目を浴びる。『煬帝』で第1回歴史時代作家クラブ作品賞受賞。『サテライト三国志』で第2回野村胡堂賞受賞。父は歌人の塚本邦雄。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading