シンガポールと日本を舞台に、生来のエスタブリッシュメントが重ねていく大人の情事。優雅で匂い立つ官能美に満ちた傑作長編!

愉楽にて

定価:本体1,800円+税
発売日:2018年11月20日
ISBN:978-4-532-17148-3
上製/四六判/500ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

美と恋に生きる名家の男たちは、
書物を愛でるように、女と情を交わし、
自由になるために、女から愛を求める。


東京・京都・シンガポールを舞台に、家柄にも資産にも恵まれた50代の男たちが、甘美な情事を重ねていく、その果てに――
日経朝刊連載時から話題沸騰! 絢爛たる贅沢な官能美の世界を描く傑作長編

大手医薬品メーカー九代目、久坂隆之は53歳。副会長という役職と途方もない額の資産を与えられた素性正しい大金持ちで、シンガポールと東京を行き来し、偏愛する古今東西の書物を愛でるように女と情事を重ねる。スタンフォード留学中に知り合った友人、田口靖彦は老舗製糖会社の三男。子会社社長という飼い殺しの身が、急逝した妻の莫大な遺産により一変。家の軛から自由になるために、女からの愛を求め、京都で運命の出逢いを果たす。時代の波に流されず、優雅で退嬰的な人生をたゆたう男たちが辿り着いたのは――

編集者より

日経朝刊連載直後に、「新聞史上最高のエロス」と取り上げたメディアもあり、濃密な性描写がまずは注目されたこの作品、もちろん、日本の“上流階級”の絢爛な官能美の世界はたっぷりご堪能いただきたいのですが、魅力はそれだけではありません。

この作品の背後に流れているもうひとつのテーマ、それは日本の上流階級の“世代交代”です。詳しくはお読みいただくしかないのですが、欧州の貴族の、現代における盛衰を描いたイタリアの映画監督、ルキノ・ヴィスコンティの「山猫」などに通じるものがあります。美と恋に生きる男たちが重ねてゆく甘美な情事を通して、現在の日本で起こっている“地殻変動”も見えてきます。

そして、読み始めるとくぎづけにされてしまうのが、性愛における男女の心理描写。官能に溺れているように見えて、実は男は女をこう見ているのか、実は女は男をここまで見抜いているのか、ということが怖いほどに鋭く描かれています。まさに、大人の小説です。

目次

  1. 第一章 雨

    第二章 歌う女

    第三章 京の遊び

    第四章 女の家

    第五章 中国の女

    第六章 秘密

    第七章 かげろう

    第八章 魔都へ

    第九章 うつろい

    第十章 オペラの夜

    終 章

著者・監修者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)

1954年、山梨県生まれ。コピーライターを経て、82年に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。85年、「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞。95年、『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞。98年、『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞。2013年、『アスクレピオスの愛人』で第20回島清恋愛文学賞。ほかの著作に『正妻 慶喜と美賀子』『マイストーリー 私の物語』『我らがパラダイス』、2018年のNHK大河ドラマ原作となった『西郷どん!』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading