日経新聞朝刊連載「迷いの旅籠」の単行本化で、著者のライフワーク「三島屋シリーズ」としては3年半ぶり、初の真冬の刊行!

三鬼 三島屋変調百物語四之続

定価:本体1,800円+税
発売日:2016年12月13日
ISBN:978-4-532-17141-4
上製/四六判/570ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
鬼は人から真実を引き出す。人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。


江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの客の身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……

目次



  1. 第一話 迷いの旅籠

    第二話 食客ひだる神

    第三話 三鬼

    第四話 おくらさま

著者・監修者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading