南太平洋の新しい文学運動の開拓者ウェントの代表的短編を含む傑作9点を紹介。著者初の邦訳となる本書は、ポストコロニアル文学の動向を知るうえで欠かせない貴重な作品。日経アジア賞受賞作家の初の邦訳。

自由の樹のオオコウモリ
アルバート・ウェント作品集

定価:本体2,000円+税
発売日:2006年08月24日
ISBN:978-4-532-17071-4
上製/四六判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

南太平洋の新しい文学運動の開拓者ウェントの代表的短編を含む傑作9点を紹介。著者初の邦訳となる本書は、ポストコロニアル文学の動向を知るうえで欠かせない貴重な作品。日経アジア賞受賞作家の初の邦訳。

目次

  1. 自由の樹のオオコウモリ

    山の末裔

    墨の十字架

    フル大佐

    サラブレッドに乗った小悪魔

    復活

    ホワイトマンの到来

    独立宣言

    バージンワイズ

    訳者あとがき

著者・監修者プロフィール

アルバート・ウェント(あるばーと・うぇんと)

南太平洋文学で最も重要とされるサモア人の作家、詩人。1939年、西サモア(現サモア独立国)の首都アピアに生まれる。ニュージーランドに留学し英語を習得、のちに大学院に進み歴史学を修了した。故郷に戻り教師として働きながら本格的な執筆活動をはじめ、異人種間結婚を描いた自伝的小説『Sons for the Return Home』(1973)で作家としてデビューした。その後も、西洋の植民地主義によって生じた社会的矛盾や、伝統と新たな価値観のあいだに揺れ動く南太平洋の人々の姿をユーモアと詩情あふれる文章で描きつづけ、数々の文学賞を受賞した。これまでに長篇6作、短篇集3作、詩集4作を発表している。1974年からフィジーのサウスパシフィック大学で太平洋文学を教えていたが、1987年にクーデターが起きると、ニュージーランドに拠点を移し、オークランド大学で教鞭をとった。オセアニア芸術協会、マオリ作家芸術家協会のメンバーとして太平洋に広がる口承文学の伝統護持のために尽力し、2004年にはその長年の功績に対し、第9回日経アジア賞が授与された。現在はハワイ大学の客員教授を務めている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

河野 至恩(こうの しおん)

1972年静岡県生まれ。2003年米国プリンストン大学大学院比較文学部博士課程修了。専攻は近代日本文学、英文学。ウィスコンシン大学などで教鞭をとった後、現在は上智大学国際教養学部講師。 <主な訳書>『カウフマン、生命と宇宙を語る――複雑系からみた進化の仕組み』(日本経済新聞社)、『数学するヒント』(白揚社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading