全米ベストセラーが早くも邦訳! 高度に工業化された先進国が伝統的社会から学ぶべき社会構造とは何か。本書下巻では、高齢者対策、個人の危機管理、現代病の原因、食事文化、言語、宗教などから人類の原点を解明!

昨日までの世界(下)
文明の源流と人類の未来

定価:本体1,900円+税
発売日:2013年02月27日
ISBN:978-4-532-16861-2
上製/四六判/392ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
POP
/1 MB
ダウンロード
陳列ビラ
/2 MB
ダウンロード
A4パネル
/2 MB

おすすめのポイント

全米ベストセラーが早くも邦訳! 高度に工業化された先進国が伝統的社会から学ぶべき社会構造とは何か。本書下巻では、高齢者対策、個人の危機管理、現代病の原因、食事文化、言語、宗教などから人類の原点を解明!

大ベストセラー『銃・病原菌・鉄』の著者最新作!
2012年12月にアメリカで発売された新作が早くも邦訳されました!

 本書下巻では、危険に対する警戒心、人間社会と宗教の関係性と重要度の変化、消えつつある言語の多様性と、社会における多言語の使用、非感染性疾患と西洋的な生活様式といった人間社会の諸問題を取り上げる。

 現代西洋社会の特徴はインターネット、飛行機、携帯電話といった技術や、中央政府、司法、警察といった制度ばかりではない。肥満、座りっぱなしの働き方、豊かな食生活から生まれる疾病や、社会が豊かになったことによる宗教の役割の変化もまた、現代西洋社会の特徴なのである。

 伝統的社会に強く惹かれ、その研究者としての人生の大半をニューギニアなどの伝統的社会に捧げてきたジャレド・ダイアモンドが、現代西洋社会に住む私たちが学ぶべき人類の叡知を紹介する。

「19世紀、ダーウィンは『種の起源』などの3部作で世界の歴史と自然に対する認識を一変させた。これから1世紀先の学者たちはジャレド・ダイアモンドの3部作――『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』『昨日までの世界』――に対し、ダーウィンの3部作と同等の評価を下すだろう。壮大なる本書は、世界の歴史と自然のみならず、人類の「種」としての運命も描いている。ジャレド・ダイアモンドは現代のダーウィンである。『昨日までの世界』は実生活の喫緊の問題に対する解決案をとおして人々に希望を与えてくれる、時代を変える作品である」(マイケル・シャーマー 作家、科学史家)

目次

  1. 第4部 危険とそれに対する反応
    第7章 有益な妄想
    第8章 ライオンその他の危険

    第5部 宗教、言語、健康
    第9章 デンキウナギが教える宗教の発展
    第10章 多くの言語を話す
    第11章 塩、砂糖、肥満、怠惰
    エピローグ 別の空港にて
    謝辞
    訳者あとがき
    参考文献
    索引

著者・監修者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド(じゃれど・だいあもんど)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部生理学教授を経て、現在は同校地理学教授。1937年ボストン生まれ。ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めるが、やがてその研究領域は進化生物学、鳥類学、人類生態学へと発展していく。アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、コスモス国際賞、マッカーサー・フェローシップ、ルイス・トマス賞など受賞多数。200本以上の論文を発表したほか、一般書も数多く出版。世界的大ベストセラーとなった『銃・病原菌・鉄』ではピュリツァー賞を受賞。おもな著書に『セックスはなぜ楽しいか』『文明崩壊』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

倉骨 彰(くらほね あきら)

早稲田大学卒業。テキサス大学オースチン校大学院言語学研究科博士課程修了。数理言語博士。同校で自然言語処理等を研究。訳書に『マーフィーの法則』、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』、ダニエル・ヒリス『思考する機械 コンピュータ』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading