手塚治虫『火の鳥』初代編集者となり、我が国で唯一、固定種タネを扱う専門店三代目主人が、日本農業を席巻するF1(一代雑種)技術が抱えるリスクを指摘、自家採種をし、伝統野菜を守り育てる大切さを訴える。

定価:本体1,600円+税
発売日:2011年09月07日
ISBN:978-4-532-16808-7
上製/四六判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

手塚治虫『火の鳥』初代編集者となり、我が国で唯一、固定種タネを扱う専門店三代目主人が、日本農業を席巻するF1(一代雑種)技術が抱えるリスクを指摘、自家採種をし、伝統野菜を守り育てる大切さを訴える。

日本で唯一の、伝統野菜のタネを扱う第一人者による書き下ろし! 木村秋則氏、菅原文太氏推薦、寄稿も収録しています。

目次

  1. はじめに
    第1章 タネ屋三代目、手塚漫画担当に
    第2章 すべてはミトコンドリアの采配
    第3章 消えゆく固定種 席巻するF1
    第4章 F1はこうして作られる
    第5章 ミツバチはなぜ消えたのか
    付録
    おわりに
    生命のことをずっと考えてきた人-菅原文太
    野口さんのタネの哲学-木村秋則

著者・監修者プロフィール

野口 勲(のぐち いさお)

野口種苗研究所代表。1944年東京・青梅市生まれ。親子3代にわたり在来種・固定種、全国各地の伝統野菜のタネを扱う種苗店を埼玉・飯能市で経営。店を継ぐ以前は手塚治虫氏の担当編集者をしていたという異色の経歴を持つ。2008年「農業・農村や環境に有意義な活動を行ない、成果を上げている個人や団体」に与えられる山崎記念農業賞を受賞。 <主な著書>『いのちの種を未来に』(創森社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading