ご神体として奉られている巨石、人の顔や目玉に見える石、決して動かしてはいけない石、しあわせになれる岩……。世界中の石を追う写真家が3年間にわたる石巡礼を、目の覚めるような写真とエッセイでつづる。

日本石巡礼

定価:本体1,300円+税
発売日:2008年10月27日
ISBN:978-4-532-16671-7
上製/小B6判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ご神体として奉られている巨石、人の顔や目玉に見える石、決して動かしてはいけない石、しあわせになれる岩……。世界中の石を追う写真家が3年間にわたる石巡礼を、目の覚めるような写真とエッセイでつづる。

帯に山田五郎氏の推薦!カラー写真満載。石好き読者にはたまらない本。

目次

  1. はじめに

    一 石に呼ばれて
         セイファウタキの衝撃/世界の聖地に魅せられる/石を求めて/「石の上にも三年」計画

    二 祀られる石たち
         ゴトビキ岩/石神様/太田権現/鵜戸神社/おたどころの石/石割山
         岩神様の揺るぎ石/太郎坊/石仏山/琴弾山/宮村岩部神社のご神体
         三国岩/二つ岩権現/米神山/船石/丸石神/天道法師の墓/丹内山神社の巨石
         赤城山の櫃石

    三 奇石怪石の景勝
         太刀割石/桃太郎岩/年輪石/人面岩/一枚岩/橋杭岩/三つ岩/親子熊岩
         地蔵岩/仏ケ浦/万治の石仏

    四 巨石の磊
         巨石パーク/足摺半島の巨石群/矢岳ドルメン/飯野町の巨石/名草巨石群

    五 石の物語
         日室ケ獄・岩神さん/不動岩/石の塔/壱年峰/釣石神社/遙拝石
         石化伝承(アイナマ石と女婆石)/鳥羽・石神さん/天草・牛深の石神
         カムイ岩・立神岩/川を上がる丸石/大岩大権現/夫婦岩/しあわせ祈願所)
         帯岩/動かしてはいけない岩

    六 新しい石の聖地
         新城さんの石庭/北代庭園<アネモス>

    あとがき
    石へのアクセ

著者・監修者プロフィール

須田 郡司(すだ ぐんじ)

フォトグラファー・石の語りべ。1962年群馬県生まれ。地域に根ざした人と関わる石をテーマに、撮影・取材をし、作品を写真展や雑誌に発表している。2003年から2006年、日本石巡礼を行い。約千ヵ所の石を訪ねる。2009年から2010年、世界石巡礼を行い世界40ヵ国、百ヵ所以上の石を取材。石や巨石の魅力を伝えるため日本全国で「石の語りべ」(スライド&トーク)の活動を展開中。 <主な著書>フォトエッセイ集『VOICE OF STONES――聖なる石に出会う旅』(新紀元社、1999)、写真集『日本の巨石――イワクラの世界』(星雲社、2008)。単行本『日本石巡礼』(日本経済新聞出版社、2008)。
■ホームページ:http://www.sudagunji.com

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading