31歳でデビューするや、『復活の日』、『果てしなき流れの果に』など矢継ぎ早に大作を発表し、1973年発表の『日本沈没』で大ベストセラー作家となったSF界の巨匠が語る、波乱万丈の半生と創作秘話!

小松左京自伝
実存を求めて

定価:本体2,500円+税
発売日:2008年02月21日
ISBN:978-4-532-16653-3
上製/四六判/432ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

31歳でデビューするや、『復活の日』、『果てしなき流れの果に』など矢継ぎ早に大作を発表し、1973年発表の『日本沈没』で大ベストセラー作家となったSF界の巨匠が語る、波乱万丈の半生と創作秘話!

目次

  1. まえがき

    第 I 部 人生を語る
     第1章 「うかれ」な少年
     第2章 焼け跡から始まった青春
     第3章 空想と文学と恋
     第4章 小松左京の誕生
     第5章 万博プロデューサー
     第6章 日本沈没
     第7章 不滅のSF魂

    第 II 部 自作を語る
     第1章 地には平和を/短編小説(1960年代前半)
     第2章 日本アパッチ族/復活の日
     第3章 果てしなき流れの果に
     第4章 さよならジュピター/宇宙小説
     第5章 継ぐのは誰か?/科学論SF
     第6章 見知らぬ明日/歴史小説
     第7章 短編小説(1960年代後半~70年代前半)
     第8章 日本沈没
     第9章 女シリーズ
     第10章 芸道小説
     第11章 こちら日本…/首都消失/PF小説
     第12章 評論・エッセイ
     第13章 映像作品
     第14章 短編小説(1970年代後半~80年代前半)

    特別編 高橋和巳を語る

    主要作品あらすじ

    年譜

    索引

著者・監修者プロフィール

小松 左京(こまつ さきょう)

本名・小松実。1931年大阪市生まれ。SF作家。京都大学イタリア文学卒業。経済誌記者などを経て、1962年「易仙逃里記」が『SFマガジン』に掲載され、プロデビュー。1973年発表の『日本沈没』で第27回日本推理作家協会賞および第五回星雲賞長編部門賞を受賞し、400万部を越えるベストセラーに。執筆活動以外にも、「大阪万博」にてテーマ館サブプロデューサーを、「花の万博」にて総合プロデューサー等を務めた。代表作に、『復活の日』、『果しなき流れの果に』、『さよならジュピター』、『虚無回廊』など。『未来の思想』、『歴史と文明の旅』ほかノンフィクション作品も多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading