ブッシュ政権はなぜ戦争を起こすか――。9.11からイラク開戦の決断をめぐるホワイトハウスの暗闘と秘密軍事作戦の内幕を、大統領本人を含む膨大なインタビューをもとに生々しく再現した白熱のノンフィクション!

定価:本体2,200円+税
発売日:2003年02月11日
ISBN:978-4-532-16437-9
上製/四六判/483ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ブッシュ政権はなぜ戦争を起こすか――。9.11からイラク開戦の決断をめぐるホワイトハウスの暗闘と秘密軍事作戦の内幕を、大統領本人を含む膨大なインタビューをもとに生々しく再現した白熱のノンフィクション!

目次

  1. 9・11からアフガニスタンへの武力行使、そしてイラク攻撃へ――。国際社会の反対をよそに、強硬路線を突き進むブッシュ政権。『ブッシュの戦争』は、アメリカの軍事作戦と、その裏面で繰り広げられるホワイトハウスでの熾烈な暗闘を赤裸々に描いた話題作です。
     著者ウッドワードは、アメリカを代表するジャーナリスト。彼は執筆のために、大統領本人を含む100人以上にインタビューを行ないました。さらに、戦争計画会議の速記録(50回分以上)も入手し、パウエル国務長官、ラムズフェルド国防長官ら、重要閣僚の生の発言を収録。いながらにしてオーバル・オフィス(大統領執務室)にいるかのような感覚を読む者に与えてくれます。
     また、北朝鮮の金正日に対するブッシュの過激な発言も収録されています。

    ●本国での売れ行き

    アメリカではSimon & Schuster社から昨年11月19日に発売され、たちまちベストセラーのトップに躍り出ました。現在までに63万部――イラク攻撃関連のあらゆる本のなかで最高の売れ行きを示しています。

    ●注目情報

    「金正日が大嫌いだ!」と、ブッシュは叫んだ。
    ――ブッシュ、金正日体制の早期打倒を示唆――

    「わたしは金正日が大嫌いだ!」ブッシュは指を振りまわしながら叫んだ。「心の底から嫌悪を覚える。こいつは自国民を飢えさせている。政治犯収容所の情報もつかんでいる――(中略)やつは家族を引き裂き、おおぜいを拷問するために、収容所を使っている。わたしは愕然とした……」
         *     
    「仮に金正日を倒そうとした場合――倒れるものならだが――国民の財政的負担は莫大なものになるから、性急に行動するべきではないという意見もある。だれが面倒を見るのか、というわけだ――そういう意見には賛成できない。自由を信じているなら(中略)、賛成できるはずがない」
       (本文より抜粋)

    ●本書の主な登場人物

    ジョージ・W・ブッシュ(第43代合衆国大統領)
    父は第41代大統領。外交問題に疎く、初歩的な軍事の知識もないが、アメリカ軍の最高司令官として「テロとの戦い」を指揮する。

    ディック・チェイニー(副大統領)
    ラムズフェルドの右腕として頭角を表し、ブッシュ・シニア政権で国防長官。イラクへの単独攻撃を主張する強硬派。石油・エネルギー業界とのつながりが指摘されている。

    コリン・パウエル(国務長官)
    湾岸戦争時の統合参謀本部議長。夫人の反対で大統領選への出馬を断念。政権内では「パウエルは冷蔵庫に入れられている」と陰口を叩かれるほど孤立しながらも、単独攻撃に反対しつづける。

    ドナルド・ラムズフェルド(国防長官)
    共和党タカ派の重鎮で、ブッシュ父とは政敵の間柄。強烈なキャラクターの持ち主。今回が2度目の国防長官就任。「テロとの戦い」を通じてアメリカ軍を根底から改革しようと目論む。

    ジョージ・テネット(CIA長官)
    クリントン時代に長官就任。アルカイダの脅威を早くから見抜いていたが、ビン・ラディン暗殺などの強硬手段をとらなかったことを悔やむ。テロ後、世界中に米国のスパイ網を構築。

    コンドリーザ・ライス(国家安全保障問題担当大統領補佐官)
    元スタンフォード大学教授。伯父と伯母以外に血族がいない孤独な境遇だが、大統領夫妻とは家族同様の親密な関係。ブッシュ政権最大のキーパーソン。

    リチャード・アーミテージ(国務副長官)
    パウエルの古くからの親友で、ラムズフェルドとは犬猿の仲。ベトナム戦争に4度出征した巨漢。

    ポール・ウォルフォウィッツ(国防副長官)
    超タカ派で、湾岸戦争時の国防次官。フセインを敵視し、イラクへの即時単独攻撃を強く主張する。

    ●本書に収録されたブッシュ大統領の発言

    「その瞬間、われわれは戦争を行うことになるだろうと、心に決めた」
       (9・11テロの第一報に接したときを回想して)

    「わたしが大統領だったのを悔やむだろうよ。この報いはかならず受けさせる」
       (9・11テロについて)

    「武力の行使について、われわれはすべての方面に合意を求めるつもりはない」
       (国連への協力について)

    「わたしは教科書どおりにやる人間ではない。直感の人なんだ」
       (自分について)

    「いまアメリカは独自の立場にある。われわれは指導者だ。そして、リーダーは行動力を兼ねそなえていなければならない」
       (アメリカについて)

著者・監修者プロフィール

ウッドワード,ボブ(うっどわーど ぼぶ)

47年にわたりワシントン・ポスト紙の記者、編集者を務める。現在は同紙アソシエイト・エディター。ウォーターゲート事件に関する報道でカール・バーンスタインと共にピュリツァー賞を受賞。また2003年には9・11同時多発テロ攻撃に関する報道で二度目のピュリツァー賞を受賞。共著を含めた18冊の著作すべてが、ノンフィクション書籍のベストセラーリスト入りを果たしている。そのうち12冊は、全米№1ベストセラーとなった。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伏見 威蕃(ふしみ いわん)

翻訳家。1951年生まれ、早稲田大学商学部卒。ノンフィクションからミステリー小説まで幅広い分野で活躍中。ボブ・ウッドワードの『ブッシュの戦争』、『ディープ・スロート 大統領を葬った男』、トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』、『遅刻してくれて、ありがとう』など訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading