銘柄選びは単純なほどいい! 身の回りにはそのためのヒントがいっぱい! ご存知「投資の神様」の卓抜なアイデアと投資手法を、例題を交えて解き明かす究極のバフェット本。やさしいワークブック・スタイル。

億万長者をめざす バフェットの銘柄選択術

定価:本体1,700円+税
発売日:2002年05月16日
ISBN:978-4-532-14977-2
並製/A5判/230ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

銘柄選びは単純なほどいい! 身の回りにはそのためのヒントがいっぱい! ご存知「投資の神様」の卓抜なアイデアと投資手法を、例題を交えて解き明かす究極のバフェット本。やさしいワークブック・スタイル。

目次

  1. 基礎編 バフェットの銘柄選択

    第1章 市場からの永遠の贈り物――短期指向と悪材料現象

    第2章 バフェットが重視する優良企業とは

    第3章 コモディティ型企業は避けよう

    第4章 消費者独占型企業とは――バフェットの富の源

    第5章 消費者独占型企業を見分ける8つの基準

    第6章 消費者独占型企業の4つのタイプ

    第7章 絶好の買い場が訪れる4つのケース


    応用編 バフェットの方程式

    第8章 なぜ安値で買うことが大切なのか

    第9章 利益は安定して成長しているか

    第10章 買値こそ投資収益率の鍵を握る

    第11章 利益成長率から見た企業の実力

    第12章 国債利回り以下では投資と呼べない

    第13章 バフェットが高ROE企業を好む理由

    第14章 期待収益率の水準で投資を判断する

    第15章 コカ・コーラ株の期待収益率と実績

    第16章 疑似債券として見た時の株式

    第17章 利益成長率から期待収益率を求める

    第18章 自社株買戻しが株主の富を増やす仕組み

    第19章 本業による利益成長か財務操作か

    第20章 経営陣の投資能力評価

    第21章 インターネット時代のアービトラージ戦略

    第22章 バフェット流投資のためのワークシート

    第23章 3つのケーススタディ

著者・監修者プロフィール

メアリー・バフェット(めありー・ばふぇっと)

バフェットの息子ピーターの元夫人。12年間、ファミリーの一員としてバフェットの投資を最も身近に見てきた。その後もバフェット家との関係は良好である。 現職・肩書: ビデオ、企業広報などの編集会社のCEO。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

デビッド・クラーク(でびっど・くらーく)

ベテランのポートフォリオ・マネジャーで、30年以上にわたるバフェット家の親しい友人。バフェットの当初のパートナーシップの数少ない会員でもある。 現職・肩書: ポートフォリオ・マネジャー

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

井手 正介(いで まさすけ)

翻訳家
1942年生まれ。一橋大学商学部卒。ペンシルベニア大学ウォートン・スク-ル経営学修士(MBA)。米国公認証券アナリスト(CFA)。野村総合研究所、野村マネジメント・スクール研究理事、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを歴任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

中熊 靖和(なかくま やすかず)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading