自然、モラル、家族、地域を破壊する一方で、政・官・財の癒着体質を温存したために瓦解の危機に直面。崖っぷちに来て、社会を変える地殻変動が全国で起きている。その変革のリーダー達が市民を交えて激論し、日本の針路を示す。

自由の森大学講座
これからの日本をどうする

定価:本体1,429円+税
発売日:1998年12月02日
ISBN:978-4-532-14708-2
並製カバー巻/四六判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

自然、モラル、家族、地域を破壊する一方で、政・官・財の癒着体質を温存したために瓦解の危機に直面。崖っぷちに来て、社会を変える地殻変動が全国で起きている。その変革のリーダー達が市民を交えて激論し、日本の針路を示す。

目次

  1. ・開演前に 自由の森大学学長・筑紫哲也
    ・基調講演
    ・国民主権の実質化 弁護士・中坊公平
    ・一時限目 「環境の世紀」を目指す住民自治 御嵩町長・柳川喜郎
    ・二時限目 経営感覚を生かした民主主義 太田市長・清水聖義
    ・三時限目 住民参加の町づくりと情報公開
     エチゴビール(株)代表取締役・上原誠一郎
    ・四時限目 地方分権、国民主権、民意を問う 公開討論
    ・五時限目 フォーラム「これからの日本をどうする」

著者・監修者プロフィール

筑紫 哲也(ちくし てつや)

1935年6月23日~2008年11月7日 大分県生まれ。59年早稲田大学政治経済学部卒業、朝日新聞社入社。政治部記者、ワシントン特派員、「朝日ジャーナル」編集長、編集委員などを歴任し、89年退社。TBSテレビ系「筑紫哲也NEWS23」キャスター、ジャーナリスト、NPO「スローライフ・ジャパン」理事を務めた。 <主な著書>『スローライフ』(岩波新書)、『ニュースキャスター』(集英社新書)、『旅の途中』(朝日新聞社)、『この「くに」の冒険』、『この「くに」のゆくえ』、『この「くに」の面影』(いずれも日本経済新聞社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

福岡 政行(ふくおか まさゆき)

自由の森大学副学長。1945年東京都生まれ。1968年早稲田大学政治経済学部卒業。1973年早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。明治学院大学法学部非常勤講師。1976年駒澤大学法学部専任講師。1980年駒澤大学法学部助教授。1992年白鴎大学法学部教授(政治学)。 <主な著書>『現代政治分析理論』(早稲田大学出版)、『現代日本の政治政党』(東洋経済新報社) 、『時代の潮目を読む』(日本経済新聞社)、『最新版 手にとるように政治のことがわかる本』(かんき出版)、『できることからボランティア』(郁朋社)、『永田町の通信簿』(共著、作品社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

柳川 喜郎(やながわ よしろう)

清水 聖義(しみず まさよし)

上原 誠一郎(うえはら せいいちろう)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading