中国著名エコノミストが提唱し、政府当局も大注目!荒廃した農村と都市の格差を解消する土地信託モデル。

現代中国の土地問題への金融アプローチ
解放土地 Free the land

蒲堅 著/彭金輝 訳/毛淑華
定価:本体3,650円+税
発売日:2019年03月08日
ISBN:978-4-532-13492-1
上製/A5判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

中国経済や国際情勢に関心のある人、中国ビジネスに携わる人は必読!

中国著名エコノミストが提唱し、政府当局も大注目!
荒廃した農村と都市の格差を解消する土地信託モデル

中国では、土地は国有化のはずだが、実際には、地方の農地の使用権と譲渡権は農業を請け負う農民が持つ。
ところが近年、中国の経済成長に伴って都市への人口流入が高まったことで一部農村の荒廃が進み、社会問題化しているという。

著者は、中国大手コングロマリットCITICナンバー2で中国内で著名なエコノミスト。本書により複雑に入り組んだ農地の使用・譲渡権をクラウドでデータベース化し、土地を信託することで、広く流通しやすくし、不動産価値を高め、農地を活性化する仕組みを提案して、大変な話題を巻き起こした。

農村の荒廃、地方と都市の格差という中国の問題は、日本でも同様であり、土地流通を活性化するための信託と情報のデータベース化というアプローチもアイデアとして参考になる。

目次

  1. 第1章 観念論への批判

    第2章 土地流通の理論的背景

    第3章 中国農村の土地制度改革を突破する

    第4章 中国農村の土地流通に固有の可能性

    第5章 土地信託化――農村地流通の新システム

    第6章 「クラウド信託+土地信託」――土地信託化の収益モデル分析

著者・監修者プロフィール

蒲 堅(ぷー じゃん)

中国社会科学院研究員、北京大学客員教授、中国政法大学客員教授、西南財政大学博士生指導教授。中国中信集団有限公司(CITICグループ)執行取締役副総経理兼執行委員会メンバー。中国海洋ヘリコプター董事長、中信医療健康産業集団有限公司(CITICメディカル&ヘルスグループ)董事長、中国国際経済諮詢(コンサルタント)有限公司董事長などを兼任。本書の中国語版原著は中国第1回孫冶方金融創新賞を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

彭 金輝(ほう きんき)

北京大学(公共政策)博士、筑波大学大学院(政策科学研究科)修士、琉球大学(化学)修士、中山大学地理学学士。東洋証券株式会社、ソフトバンク株式会社、中国中信銀行(CITICバンク)などを経て、中国中信集団(CITICグループ)駐日本総代表。沖縄大学客員教授を兼任。訳書に『青木昌彦の経済学入門』(ちくま新書)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

毛 淑華(もう しゅくか)

筑波大学大学院(地域研究研究科)修士。武漢大学外国語学部日本語科学士。NTTインターナショナル株式会社などを経てフリーランスの通訳者・翻訳者として独立。2010年に株式会社訳坊を設立し、代表取締役に就任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading