企業の統治は誰がどのように行うべきなのか? 最新の経営課題をデータ、事例を豊富に織り込んで体系的に解説する生きたテキスト。

現代コーポレートガバナンス
戦略・制度・市場

定価:本体3,500円+税
発売日:2018年11月27日
ISBN:978-4-532-13489-1
上製/A5判/326ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

コーポレート・ガバナンス(企業統治)の向上は20年近く前から叫ばれてきましたが、多くの企業にとって努力目標の域を超えず、株主重視の是非を問う論争に終始するのがほとんどでした。しかし、相次ぐ会社法の改定、コーポレート・ガバナンスコード制定、統合報告書制度などによって、日本企業もこの問題を直視し、体制を作らざるをえなくなっています。社外取締役の増加もその現れです。コーポレート・ガバナンスは単なる経営学の特殊領域から、多くのビジネスパーソンにとって必須の知識とされる時代になっているのです。

本書は、経営者をどのように規律付けるか、企業(株式会社)をいかに統治すべきか、を解説するコーポレートガバナンスの初の体系的テキスト。本書によって、企業や金融機関等に勤務する場合に必要となるコーポレート・ガバナンスに関する知識や考え方を修得することができます。また現在非常に人数が増えている社外取締役にとって格好の手引き書となるとともに、将来、経営者あるいは投資家として企業経営に関わる人々にとっても参考となります。

筆者は、金融実務で株主・市場・企業の関係を理解し、ハーバードビジネススクールで経営学をマスター、東京大学で組織運営とガバナンスの実務を担ってきた。本書は東京大学経済学部・一橋大学商学部で行ってきた講義の書籍化。著者は、そのキャリアを評価され、一橋大学で教鞭を執るとともに社外取締役として実践にうつしています。

目次

  1.  第Ⅰ部 コーポレートガバナンスとは何か
    第1章 コーポレートガバナンスの捉え方

    第2章 コーポレートガバナンスの理論

    第3章 規律付けのメカニズム

    第4章 資本コストと資本政策

     第Ⅱ部 日本企業のコーポレートガバナンスの変遷
    第5章 日本の株式会社のしくみ

    第6章 戦後日本企業のコーポレートガバナンス

    第7章 高まる株式市場と投資家の役割

    第8章 激変の時代--1990年代以降の改革

     第Ⅲ部 コーポレートガバナンスの実践
    第9章 取締役及び取締役会の役割

    第10章 役員報酬と報酬委員会

    第11章 情報開示と内部統制

    第12章 エンゲージメントと議決権行使

    第13章 M&Aと買収防衛策

    第14章 企業を取り巻く多様なステークホルダー

著者・監修者プロフィール

江川 雅子(えがわ まさこ)

一橋大学大学院商学研究科教授。旭硝子、東京海上ホールディングス、三井不動産社外取締役
1980年東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業、同年シティバンクに入社、ハーヴァード大学ビジネススクールに入学(1986年MBA取得)。ソロモン・ブラザーズ、SGウォーバーク勤務を経て、2001年ハーバード・ビジネス・スクール日本リサーチ・センター長、09~14年東京大学理事

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading