競争力をどう測り、どう創造するか。「ファンダメンタル分析」から「企業価値の測定」「創造」まで。すべて日本企業の事例で読み解いた実践的テキストの最新版。ロングセラー『ゼミナール企業価値評価』を改題、改訂。

新・企業価値評価

定価:本体4,000円+税
発売日:2014年07月25日
ISBN:978-4-532-13450-1
上製/A5判/620ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
「読書案内」PDF
/193 KB

おすすめのポイント

競争力をどう測り、どう創造するか。「ファンダメンタル分析」から「企業価値の測定」「創造」まで。すべて日本企業の事例で読み解いた実践的テキストの最新版。ロングセラー『ゼミナール企業価値評価』を改題、改訂。

CFOになるための必須テキスト!
経産省「伊藤レポート」の実践書!

好評既刊『新・現代会計入門』の応用編。日本企業の事例を使って実践的に解説。実際に資本コストやNPVなどを算出する際、財務諸表のどこをどう計算すればよいか、会計基準が異なるとどう違うか等についても説明。


さらに「企業価値」について学ぶための読書案内

 本書『新・企業価値評価』は、企業価値にかかわるさまざまな学問領域の知見を集約的に盛り込み、「会計」「財務」「経営戦略」の3つの視点から企業価値について総合的に解説しています。企業価値というテーマは、1つの縦割りの学問的知識だけで解析するにはあまりにも豊かで多面的です。
 そこで、本書の内容をより深く理解していただくために、会計や財務、経営戦略などの各分野についての代表的なテキストをそれぞれのテーマごとに、また、本書のなかで引用した文献についての詳細をご紹介します。お時間のある方は、ぜひ興味や関心のある文献にも目を通してください。

伊藤邦雄



■会計制度やファンダメンタル分析
伊藤邦雄『新・現代会計入門』日本経済新聞出版社, 2014年.
K.G. Palepu, P.M. Healy and V.L. Bernard, Business Analysis and Valuation: Using Financial Statements, 2nd ed., South-Western College Publishing, 2000.(斎藤静樹監訳『企業分析入門(第2版)』,東京大学出版会,2001年)
B. Graham and D. Dodd, Security Analysis: The Classic 1934 Edition, McGraw-Hill., 1996.(関本博英・増沢和美訳『証券分析【1934年版】』パンローリング,2002)

■財務報告
Beaver, W.H., Financial Reporting: An Accounting Revolution, 3rd ed., Prentice-Hall, Inc., 1998.(伊藤邦雄訳『財務報告革命(第3版)』白桃書房, 2010年)
W.R. Scott, Financial Accounting Theory, 5th ed., Pearson Education Canada, 2009.(太田康弘・椎葉淳・西谷順平訳『財務会計の理論と実証』中央経済社, 2008年)
S. Sunder, Theory of Accounting and Control, South-Western College Publishing, 1998.(山地秀俊・鈴木一水・松本祥尚・梶原晃訳『会計とコントロール』勁草書房, 1998年)

■無形資産の測定やそのマネジメント
古賀智敏『知的資産の会計(改訂増補版)』千倉書房, 2012年.
伊藤邦雄『コーポレートブランド経営』日本経済新聞出版社, 2000年.
伊藤邦雄(編著)『無形資産の会計』中央経済社, 2006年.
B. Lev, Intangibles: Management, Measurement, and Reporting, The Brookings Institution Press, 2001.(広瀬義洲・桜井久勝監訳『ブランドの経営と会計』中央経済社, 2002年
Ulrich, D. and N. Smallwood, Why the Bottom Line Isn’t!, John Wiley & Sons, 2003.(伊藤邦雄監訳『インタンジブル経営』ランダムハウス講談社, 2004年)

■財務
砂川伸幸・川北英隆・杉浦秀徳『日本企業のコーポレートファイナンス』日本経済新聞出版社, 2008年.
Brealey, R.A., S.C. Myers and F. Allen, Principles of Corporate Finance, 10th ed., McGraw-Hill, 2011.(藤井真理子・国枝繁樹監訳『コーポレート・ファイナンス(第10版)上・下』日経BP社, 2014年)
J. Berk and P. DeMarzo, Corporate Finance, 2nd Edition, Pearson Education, Inc., 2011.(久保田敬一・芦田敏夫・竹原均・ 徳永俊史・ 山内浩嗣訳『コーポレートファイナンス(第2版)入門編・応用編』丸善出版株式会社, 2014年)

■M&A
田村俊夫『MBAのためのM&A』有斐閣, 2009年.
草野耕一『会社法の正義』商事法務, 2011年.
E.R. Arzac, Valuation for Mergers, Buyouts and Restructuring, 2nd ed., Wiley, 2007.(斎藤進監訳『合併・買収・再編の企業評価』, 中央経済社2008年)

■経営戦略
伊丹敬之『経営戦略の論理(第4版)』日本経済新聞出版社, 2012年.
沼上幹『経営戦略の思考法』日本経済新聞出版社, 2009年.
青島矢一・加藤俊彦『競争戦略論(第2版)』, 東洋経済新報社, 2012年.
J.B. Barney, Gaining and Sustaining Competitive Advantage, 2nd ed., 2002.(岡田正夫訳『企業戦略論(上・中・下巻』ダイヤモンド社, 2003年)

■その他、引用文献
伊藤邦雄「コーポレートブランドの評価と戦略モデル」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー』2002年3月号.
伊藤邦雄・加賀谷哲之「企業価値と無形資産経営」『一橋ビジネスレビュー』第49巻3号, 2001年12月.
加賀谷哲之「連結キャッシュ・フロー計算書制度化の論理」『企業会計』第51巻11号, 1999年10月.
加賀谷哲之・伊藤邦雄「企業価値経営論(1)」『一橋ビジネスレビュー』第49巻3号, 2001年12月.
釜江廣志『日本の証券・金融市場の効率性』有斐閣, 1999年.
桜井久勝『会計利益情報の有用性』千倉書房, 1991年.
白石和孝『知的無形資産会計』新世社, 1997年.
特許庁『企業における国際特許戦略実態調査 調査報告書』, 1998年.
日本公認会計士協会『知的財産の評価(中間報告)』, 2001年.
藤井秀樹・山本利章「会計情報とキャッシュフロー情報の株価説明力に関する比較研究Ohlsonモデルの適用と改善の試み」『會計』第156巻第2号, 1999年8月.
Andrade, G., M. Mitchell and E. Stafford, “New Evidence and Perspective on Mergers,” The Journal of Economic Perspectives, Vol.15 No.2, Spring 2001.
Ball, R., and P. Brown, “An Empirical Evaluation of Accounting Numbers,” Journal of Accounting Research, Vol.6 No.2, Autumn 1968.
Beaver, W.H., Financial Reporting: An Accounting Revolution, Prentice-Hall, Inc., 1981.(伊藤邦雄訳『財務報告革命』白桃書房, 1986年)
Blair, M. and T.A. Kochan, The New Relationships: Human Capital in the American Corporation, Brooking Institute, 2000.
Blume, M.E., “Betas and Their Regression Tendencies,” Journal of Finance, Vol.30 No.3, June 1975.
Blume, M.E. and I. Friend, “A New Look at the Capital Asset Pricing Model,” Journal of Finance, Vol.28 No.1, March 1973.
Copeland, T. and V. Antikarov, Real Option: A Practitioner’s Guide, TEXERE, 2001.
Evans, J.R. and D.L. Ohlson, Introduction to Simulation and Risk Analysis、2nd ed., Prentice Hall, Inc., 2001.(服部正太監訳『リスク分析・シュミレーション分析入門』協立出版株式会社, 1999年)
Fama, E.F., “Efficient Capital Markets: A Review of Theory and Empirical Work,” Journal of Finance, Vol.25 No.2, May 1970.
Fama, E.F. and K. French, “The Cross-section of Expected Stock Returns,” Journal of Finance, Vol.47 No.2, June 1992.
Fama, E.F. and K. French, “Value versus Growth; The International Evidence,” Journal of Finance, Vol.53 No.6, December 1998.
Goyal, A. and I. Welch, “Predicting the Equity Premium with Dividend Ratios,” Management Science, Vol.49 No.5, May 2003.
Hicks, J.R., Value and Capital: An Inquiry into Some Fundamental Principles of Economic Theory, Oxford Clarendon Press, 1939.(安井琢磨・熊谷尚夫訳『価値と資本』岩波書店, 1965年)
Kaplan, R.S. and D.P. Norton, Strategy Maps: Converting Intangible Assets into Tangible Outcomes, Harvard Business School Press, 2004.
Lev, B., Intangibles: Management, Measurement, and Reporting, Washington, D.C.: Brookings Institute Press, 2001.(広瀬義州・桜井久勝監訳『ブランドの経営と会計』東洋経済新報社, 2002年)
Lewellen, J., “Predicting Returns with Financial Ratios,” Journal of Financial Economics, Vol.74 No.2, November 2004.
Miller, M. and F. Modigliani, “Dividend Policy, Growth, and the Valuation of Shares,” Journal of Business, Vol.34, October 1961.
Modigliani, F. and M. Miller, “The Cost of Capital, Corporation Finance, and the Theory of Investments,” American Economic Review, Vol.48 No.3, June 1958.
Ohlson, J.A., “Earnings, Book Values, and Dividends in Equity Valuation,” Contemporary Accounting Research, Vol.11 No.2, Spring 1995.
Ou, J. and S.H. Penman, “Financial Statement Analysis and the Prediction of Stock Returns,” Journal of Accounting and Economics, Vol.11 No.4, November 1989.
Penman, S.H. and T. Sougiannis, “A Comparison of Dividend, Cash Flows, and Earnings Approach to Equity Valuation,” Contemporary Accounting Research, Vol.15 No.3, Autumn 1998.
Prakash, P. and A. Rappaport, “Information Inductance and Its Significance for Accounting,” Accounting, Organizations and Society, Vol.2 No.1, March 1977.
Ritter, J.R., “Behavioral Finance,” Pacific-Basin Finance Journal, Vol.11 No.4, September 2003.
Roll, R., “The Hubris Hypothesis of Corporate Takeovers,” The Journal of Business, Vol.59 No.2, Part1, April 1986.
Ross, S.A., “The Arbitrage Theory of Capital Asset Pricing,” Journal of Economic Theory, No.13, 1973.
Silower, M.L., The Synergy Trap: How Companies Lose the Acquisition Game, Free Press, 1997.(宮腰秀一訳『シナジー・トラップーなぜM&Aゲームに勝てないのか』プレンティスホール出版, 1998年)
Sunstein, C.R., Infotopia: How Many Minds Produce Knowledge, Oxford University Press, 2006.
Surowiecki, J., The Wisdom of Crowds: Why the Many Are Smarter Than the Few and How Collective Wisdom Shapes Business, Economies, Societies and Nations, Doubleday, 2004.(小高尚子訳『「みんなの意見」は案外正しい』角川書店, 2006年)
Trueman, B. and S. Titman, “An Explanation for Accounting Income Smoothing,” Journal of Accounting Research, Vol.26 No.3, Supplement 1988.
Ulrich, D. and N. Smallwood, Why the Bottom Line Isn’t!, John Wiley & Sons, 2003.(伊藤邦雄監訳『インタンジブル経営』ランダムハウス講談社, 2004年)
White, G.I., A.C. Sondhi and H.D. Fried, The Analysis and Use of Financial Statements, John Wiley & Sons, 2003.

目次

  1. 序 章 価値思考が未来を変える

     第2章 企業価値評価のフレームワーク


     《第I部 分析編》

     第3章 財務諸表から読む企業活動

     第4章 戦略的ファンダメンタル分析

     第5章 経営戦略分析

     第6章 会計戦略分析

     第7章 【ケーススタディー】建設機械業界のファンダメンタル分析


     《第II部 評価編》

     第8章 企業価値とバリュエーション

     第9章 会計・財務数値と市場評価

     第10章 資本コストとリスク評価

     第11章 【ケーススタディー】ユナイテッドアローズの企業価値評価

     第12章 EVAバリュエーション

     第13章 企業価値最大化のためのM&A戦略

     第14章 無形資産の価値評価と戦略的活用


     《第III部 創造編》

     第15章 晴天の霹靂

     第16章 価値思考

     第17章 さらなる企業価値創造に向けて

著者・監修者プロフィール

伊藤 邦雄(いとう くにお)

一橋大学大学院商学研究科特任教授、一橋大学CFO教育研究センター長、中央大学ビジネススクール特任教授、日本証券アナリスト協会・証券アナリスト試験委員。1951年千葉県生まれ。一橋大学商学部卒業後、同大学助教授、スタンフォード大学フルブライト研究員を経て一橋大学教授。商学博士。2002年より一橋大学大学院商学研究科長・商学部長を、2004年より一橋大学副学長を務める。
主な著訳書に『グループ連結経営』『コーポレートブランド経営』『危機を超える経営』『新・企業価値評価』(いずれも日本経済新聞出版社)、『医薬品メーカー 勝ち残りの競争戦略』(編著、日本経済新聞出版社)、『会計制度のダイナミズム』(岩波書店)、『無形資産の会計』『企業会計制度の再構築』(いずれも編著、中央経済社)、『財務報告革命』(訳、白桃書房)、International Perspectives on Accounting and Corporate Behavior(編著、Springer)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading