経済と社会のしくみをわかりやすい例、平易な言葉で解き明かした不朽の名著が画期的新訳で甦る。グローバリゼーションや労働の価値、政府の役割など、今日と共通する難題を取り上げた政治経済学の金字塔。

国富論(上)
国の豊かさの本質と原因についての研究

定価:本体3,600円+税
発売日:2007年03月26日
ISBN:978-4-532-13326-9
上製/A5判/448ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経済と社会のしくみをわかりやすい例、平易な言葉で解き明かした不朽の名著が画期的新訳で甦る。グローバリゼーションや労働の価値、政府の役割など、今日と共通する難題を取り上げた政治経済学の金字塔。

目次

  1. 序論と本書の構成

    第1編 労働の生産性の向上をもたらす要因と、各階層への生産物の分配にみられる自然の秩序

     第1章 分業
     第2章 分業の起源
     第3章 市場の大きさによる分業への制約
     第4章 通貨の起源と利用
     第5章 商品の真の価格と名目価格、労働価格と金銭価格  他

    第2編 資本の性格、蓄積、利用

     はじめに
     第1章 資財の分類
     第2章 社会の総資本のうち特殊部門としての通貨、すなわち国民資本の維持費
     第3章 資本の蓄積と、生産的労働と非生産的労働
     第4章 利付きで貸し出される資本
     第5章 資本のさまざまな用途

    第3編 国による豊かさへの道筋の違い

     第1章 豊かさへの自然な道筋
     第2章 ローマ帝国の崩壊後に生まれたヨーロッパの旧秩序と農業への障害
     第3章 ローマ帝国崩壊後の都市の発生と発展
     第4章 農村の発展に対する都市の商業の寄与

著者・監修者プロフィール

アダム・スミス(あだむ・すみす)

山岡 洋一(やまおか よういち)

翻訳家。1949年生まれ。
主な訳書にアラン・グリーンスパン『波乱の時代』、アダム・スミス『国富論』、ジェームス・C・アベグレン『新・日本の経営』『日本の経営<新訳版>』、ジョセフ・S・ナイ『ソフト・パワー』(以上、日本経済新聞出版社)、ジェームズ・C・コリンズ&ジェリー・I・ポラス『ビジョナリー・カンパニー』(日経BP社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading