日本庭園・世界ランキングで6年連続1位を誇る島根県の足立美術館の庭園。年間50万人の来館者を楽しませている広大な庭園と名だたる横山大観コレクションをひとりで築いた男の波乱に富む一代記。

庭園日本一 足立美術館をつくった男

定価:本体1,800円+税
発売日:2007年04月18日
ISBN:978-4-532-12409-0
上製/四六判/324ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
A3看板
/1 MB

おすすめのポイント

日本庭園・世界ランキングで6年連続1位を誇る島根県の足立美術館の庭園。年間50万人の来館者を楽しませている広大な庭園と名だたる横山大観コレクションをひとりで築いた男の波乱に富む一代記。

目次

  1. 「足立全康自叙伝」刊行に寄せて 吉本忠則
    全康の前口上
    男おしんの「芽だち」の頃
    車引きからの出発
    涙と笑いの兵役時代
    笑顔こそ人生のパートナー
    ひらめき人生の真骨頂
    船場時代に苦折迷悶
    苦しい時の「人頼み」
    洋画に夢見た甘い汁
    庭づくりに忘我の境
    大観に惚れ抜いた半世紀
    交遊抄・思い出あれこれ
    身辺雑記つれづれ
    「善行」への熱き思い
    九十坂越えてますます夢ロマン
    結んで閉じて
    あとがき「祖父になり代わって」 足立隆則
    足立美術館 庭園と収蔵作品
    足立全康略年譜

著者・監修者プロフィール

足立 全康(あだち ぜんこう)

1899年2月島根県安来市古川町(現足立美術館所在地)に生まれる。尋常小学校卒業後、家業の農業を手伝う。15歳で木炭商を手がけたのをはじめ、主に大阪を本拠地として不動産や繊維関係など、様々な事業を興した。かたわら、近代日本画などを収集して1970(昭和45)年に財団法人足立美術館を設立。1990(平成2)年12月19日没。享年92歳。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading