ただ通信が速くなるだけではない。ビジネスを根幹から変えると話題の5Gを、最新動向に詳しいコンサルタントがやさしく解説。

定価:本体860円+税
発売日:2019年06月18日
ISBN:978-4-532-11407-7
並製/新書判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

単に「速くなる」だけではない!
5Gが変えるビジネスの未来をコンパクトに解説!

◎本書の内容
2020年の東京オリンピック開催にあわせ、日本でも本格的に次世代通信規格(5G)の商用化が始まる。
これまでより「高速・大容量」となるだけではなく、「多数同時接続」「低遅延・高信頼性」という新たな特徴が備わることになる。

4Gと比較すると、通信速度は100倍、通信容量は1000倍、同時接続端末数は100倍、遅延は10分の1と、大きな通信機能・性能の向上が見込まれている。

3Gから4Gに変わったときにスマートフォンが一気に普及して人々の消費行動を変えたように、5Gへの進化に伴い、ビジネスチャンスが大きく広がることが期待されている。

本書は、5Gの特徴と、どのような変化が起こるのかを、野村総研のコンサルタントがわかりやすく解説する。

◎本書で解説する5Gの影響
・360度VR/ARなどのコンテンツ配信がスムーズに。
エンタメはもちろん、これまでとはちがう広告・購買体験を提供することができる
・高精細カメラと組み合わせることで、建設機械の遠隔操作や、遠隔診療サービスが現実のものに
・自動運転車への情報提供、製造現場でのIoTセンサーからの情報収集のためには、同時多接続ができる5Gが欠かせない
・ウェアラブル端末にあらゆる情報が送れるようになり、スマホすら不要になる可能性も
・4K・8Kの監視カメラと組み合わせることで、指紋・眼紋などの生態情報が比較的遠くからでも取得できてしまう。プライバシー問題はさらに深刻に
・地方都市まで基地局が行き渡るのか。地域間格差が広がる可能性

編集者より

2020年春、日本でも5G(第5世代移動通信システム)サービスが本格的に始まります。それにともない、毎日のように5Gが新聞や雑誌の記事で取り上げられ、話題になっています。

ではなぜ、通信の話がそれほど大きな注目を集めているのでしょうか。それは、4Gから5Gへの進化が「スマホの通信速度が上がる」「データ量が大きくなる」だけにとどまらず、さまざまなビジネス分野に影響を与えるからです。

5Gは「高速大容量通信」「超信頼・低遅延通信」「多数同時接続」という3つの特徴を兼ね備えています。

たとえば、自動運転車の隊列走行において、通信が遅れたり止まったりしては、大事故につながりかねません。また、工場で多数のロボットを無線で動かすことを考えると、接続機器が増えるたびに通信速度が遅くなっては意味がありません。5Gは、こうした多様な用途に対応できるよう、たくさんの新技術が取り入れられているのです。

本書は、「どういう仕組みになっているのか」「なぜ5Gが必要なのか」といった基礎知識を解説。生活やビジネスにおいてどのように活用されていくのかを具体的に予測します。さらに、プライバシー問題や地域間通信格差などの予想される課題もきちんと指摘しました。

通信の専門用語はなるべく使わず、やさしく解説しています。まさに「入門書の決定版」と呼べる1冊です。

(2019.6.13)

目次

  1. プロローグ 202X年、ある日の風景

    第1章 5Gが話題になる理由

    第2章 5Gが変える生活

    第3章 ビジネスをどう変えるのか

    第4章 5Gがもたらすリスク

    第5章 5G時代にわれわれは何をすべきか

著者・監修者プロフィール

亀井 卓也(かめい たくや)

野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 テレコム・メディアグループマネージャー。東京大学大学院工学系研究科卒業後、2005年野村総合研究所入社。現在は情報通信業界における経営管理、事業戦略・技術戦略立案、および中央官庁の制度設計支援に従事。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading