ロングセラー待望の改訂版! 「話し合い」(会議)のファシリテーションに焦点を当て、最新の理論と実践スキルを紹介。

定価:本体860円+税
発売日:2018年08月14日
ISBN:978-4-532-11398-8
並製/新書判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

累計10万部のロングセラー、待望の新版!
本書は2004年7月に刊行した『ファシリテーション入門』の改訂版です。

『ファシリテーション入門』は入門用テキストとして多くの企業や大学で採用され、当該分野の標準テキストといえるまでになりました。

ファシリテーションとは、集団による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習、変革、自己表現・成長など、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きです。
その役割を担う人がファシリテーターであり、日本語では「協働促進者」または「共創支援者」と呼びます。

ファシリテーションの最大の特徴は、情報や意見などの内容、コンテンツではなく、進行や関係といった過程、プロセスを舵取りするところにあります。

改訂版では、多彩なファシリテーションの技法や応用のなかで、すべての活動の基本となる「話し合い」(会議)のファシリテーションに焦点を当て、その理論と実践スキルを紹介していきます。最新の知見を盛り込み、第一版を全面的にアップデートしました。

目次

  1. 第1章 協働を促進するファシリテーションの技術
     
    第2章 発展するファシリテーションの応用分野

    第3章 場のデザインのスキル――場をつくり、つなげる

    第4章 対人関係のスキル――受け止め、引き出す
     
    第5章 構造化のスキル――かみ合わせ、整理する

    第6章 合意形成のスキル――まとめて、分かち合う

    第7章 ファシリテーションの実践に向けて

著者・監修者プロフィール

堀 公俊(ほり きみとし)

堀公俊事務所代表。組織コンサルタント。日本ファシリテーション協会フェロー。神戸市生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。
大手精密機器メーカー勤務を経て、ファシリテーションの普及・啓発を目的としたNPO法人日本ファシリテーション協会を設立。

1960年神戸市生まれ。1984年大阪大学大学院工学研究科修了。同年、大手精密機器メーカー入社。2003年日本ファシリテーション協会設立、初代会長に就任。関西大学、法政大学、近畿大学などで非常勤講師を務める(組織行動学)。現在、堀公俊事務所代表、組織コンサルタント、日本ファシリテーション協会フェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading