仕事人生の中盤・後半は「成長するミドル」「充実するシニア」を目指そう!キャリア選択、専門力強化、部下への仕事の任せ方等を解説。

キャリアデザイン入門[Ⅱ]専門力編 第2版

定価:本体860円+税
発売日:2016年03月17日
ISBN:978-4-532-11353-7
並製/新書判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

◆40代が近づくと、公私ともにキャリアの節目を迎える。キャリアの選択肢をどのように上手に絞り込み、自分の専門性をいかに高めるか? また部下に仕事を任せ、受けつがせていく進め方をわかりやすく解説。

◆改訂にあたっては、(1)プレイングマネジャーとしての役割を求められるようになったミドルは、部下を育てながら自分のキャリアをどう磨くかや、(2)経験を伝えながら新しいことを学び続けるコツ、(3)セミリタイア、個人事業主としての生き方を選ぶには、といった内容を新たに盛り込む。

◆うまくいったケースばかりでなく、ミドルやシニアになるとどのようなキャリアの危機が訪れるのかや、職業人生の前半でうまくキャリア構築できなかった人はどう立て直すのかといったことも解説する。

◆著者は、リクルート内で自ら研究所を立ち上げ、率いてきた、人事や働き方に関する第一級の識者。

目次

  1. 第1章 プロフェッショナル・キャリア

    第2章 専門力の磨き方

    第3章 年齢段階別 キャリアデザインの方法(三〇代後半から)

著者・監修者プロフィール

大久保 幸夫(おおくぼ ゆきお)

リクルートワークス研究所所長
1983年一橋大学経済学部卒業後、リクルート(現リクルートホールディングス入社。1999年にリクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2011年、同社専門役員の就任。内閣官房「地域働き方改革支援チーム」委員なども務める。著書に、日経文庫『キャリアデザイン入門』(I基礎力編、II専門力編)他多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading