強力なビジネスツールとして定着し、活用分野が広がっている企業価値評価。事業が生み出すキャッシュフローと、リスクとコストをいかに分析するかを、具体例をまじえながらわかりやすく解説。

定価:本体1,000円+税
発売日:2015年02月18日
ISBN:978-4-532-11325-4
並製/新書判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

強力なビジネスツールとして定着し、活用分野が広がっている企業価値評価。事業が生み出すキャッシュフローと、リスクとコストをいかに分析するかを、具体例をまじえながらわかりやすく解説。

砂川教授はテキストライターとしての評価が高く、企業研修などを通してビジネスパーソンが知りたいツボを熟知。笠原氏は企業価値評価のスペシャリスト。

目次

  1. 第1章 企業価値評価の考え方

    第2章 企業価値評価のキーワード

    第3章 企業価値評価の基礎

    第4章 クロスボーダー・バリュエーションの基礎

    第5章 企業価値評価の実践

    第6章 企業価値評価の検証

著者・監修者プロフィール

砂川 伸幸(いさがわ のぶゆき)

1966年 兵庫県生まれ
1989年 神戸大学経営学部卒業、新日本証券入社
1995年 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
 神戸大学経営学部助手、ワシントン大学ビジネススクール
 客員研究員、神戸大学大学院経営学研究科教授などを経て
現在 京都大学経営管理大学院教授
 経営学博士
主著 『財務政策と企業価値』(有斐閣、2000年)
 『日本企業のコーポレートファイナンス』(共著、日本経済新聞出版社、2008年)
 『経営戦略とコーポレートファイナンス』(共著、日本経済新聞出版社、2013年)
 『はじめての企業価値評価』(共著、日経文庫、2015年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

笠原 真人(かさはら まさと)

1970年 北海道生まれ
1993年 明治大学商学部卒業
1995年 朝日監査法人(現あずさ監査法人)入所。アーサーアンダーセン、KPMG FAS、プライスウォーターハウスクーパースで企業価値評価や財務デューディリジェンスの業務に従事。2006年に独立。
現在 笠原公認会計士事務所所長。公認会計士。
著書 『図解入門ビジネス 最新 企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本』(秀和システム、 2011年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading