クイズを解きながら自分の頭で考える力を鍛える「戦略思考トレーニング」がさらにパワーアップ。経営戦略、マーケティング、ビジネスモデルなど、思わず人に話したくなる「まさか?」「なるほど!」の事例が満載。

定価:本体830円+税
発売日:2013年08月12日
ISBN:978-4-532-11291-2
並製/新書判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

クイズを解きながら自分の頭で考える力を鍛える「戦略思考トレーニング」がさらにパワーアップ。経営戦略、マーケティング、ビジネスモデルなど、思わず人に話したくなる「まさか?」「なるほど!」の事例が満載。


クイズで論理思考と直感力が身につく!。

好評既刊の第2弾!
著者はボストンコンサルティング・グループ出身の戦略コンサルタントで、ビジネス書作家としても活躍しています。

目次

  1. 1 なぜだろうから考えてみようの章

    ユニクロが衣料のリサイクルに取り組む理由はどこにある?
    ふとした疑問の謎を解く、ウォーミングアップの6問

    2 ビジネスモデルの秘密の章

    水の宅配のアクアクララの親会社は何を得意にしているのか?
    ちょっと意外なビジネスモデルの秘密を解明するための6問

    3 あの経営者の経営判断の章

    IBMのルイス・ガースナーが激怒した後に気づいた突破口とは?
    あの有名経営者の自伝的エピソードもとにした6問

    4 何を狙っているのだろうの章

    オバマ大統領のソーシャル選挙は日本の選挙とどこが違う?
    理由を聞いたらなるほどと気づかされる6問

    5 昔はそんな時代もあったのだの章

    80年代の自動車会社はどうやって注文に素早く応えていたの?
    現在だったら考えられないような、でも昔実際にあった話をもとにした5問

    6 売るための工夫! マーケティング力の章

    カネボウの万能薬が売れるようになったきっかけとは何か?
    マーケティング戦略の事例を深く考えるための5問

    7 グローバルなビジネスには違いがあるの章

    携帯電話に押された固定電話会社が編み出した秘策とは何?
    あまり行ったことがない新興国の事例をもとにした6問

    8 経営理論は難しいか?の章

    ダイエーとローソンの間に起きたこととはなんだろう?
    ちょっと間違えそうな経営常識、実際の適用が難しい経営理論を集めた5問

    9 難問に挑戦してみようの章

    中国のファミマの管理職はどこからやってきたの?
    戦略思考トレーニングの集大成となる難問5問

    おわりに

    参考文献

著者・監修者プロフィール

鈴木 貴博(すずき たかひろ)

百年コンサルティング株式会社代表取締役 オスカープロモーション所属
1962年生まれ。東京大学工学部卒業後、ボストンコンサルティンググループに入社。ネットイヤーグループ取締役を経て独立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading