店舗・業態間の競争が激しくなる中で、どう顧客の購買意欲をそそり、商品や情報・サービスを提供するか。セールス・プロモーションの考え方、しくみ、実施ノウハウをわかりやすく解説。

定価:本体860円+税
発売日:2011年12月14日
ISBN:978-4-532-11254-7
並製/新書判/180ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

店舗・業態間の競争が激しくなる中で、どう顧客の購買意欲をそそり、商品や情報・サービスを提供するか。セールス・プロモーションの考え方、しくみ、実施ノウハウをわかりやすく解説。

購買履歴に基づく商品推奨、電子クーポンの発券やポイントの発行、ソーシャルメディアを利用して顧客ロイヤルティを高める方法など、ネットや携帯電話の普及で広がる新たなセールス・プロモーションについても解説します。

目次

  1. まえがき
    I 顧客の「行動」を変える
    II 効果的なプロモーション
    III 「買う」「買わない」は何で決まるのか
    IV 様々なセールス・プロモーション  
    V プロモーションの計画と実施
    VI プロモーションを評価する

著者・監修者プロフィール

渡辺 隆之(わたなべ たかゆき)

1977年学習院大学経済学部卒業。1979年早稲田大学大学院商学研究科博士前期課程修了。イトーヨーカ堂を経て、1986年流通経済研究所入所。同所主席研究員、理事を経て、1991年学習院大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。1992年より創価大学経営学部助教授。同教授を経て、2011年4月より沖縄大学法経学部教授。 <主な著書>『店舗内購買行動とマーケティング適応』(千倉書房)、『インストア・マーチャンダイジング』(共著、ビジネス社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

守口 剛(もりぐち たけし)

1979年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。1993年筑波大学大学院経営・政策科学研究科経営システム科学専攻修士課程修了。1996年東京工業大学大学院理工学研究科経営工学専攻博士課程修了、博士(工学)。流通経済研究所、立教大学を経て、2005年4月より早稲田大学商学学術院教授。 <主な著書>『プロモーション効果分析』(朝倉書店)、『マーケティング・サイエンス入門』(共著、有斐閣アルマ)、『価格・プロモーション戦略』(共編著、有斐閣アルマ)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading