経済学の対象は、公共部門の運営、貿易問題から企業経営まで幅広い。経済学の基本さえマスターしていれば、日頃何気なく読んでいる新聞記事も、何が問題なのかが見えてくる。現実を見る目が磨かれる入門書の決定版。

定価:本体830円+税
発売日:2004年04月16日
ISBN:978-4-532-11015-4
並製/新書判/194ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経済学の対象は、公共部門の運営、貿易問題から企業経営まで幅広い。経済学の基本さえマスターしていれば、日頃何気なく読んでいる新聞記事も、何が問題なのかが見えてくる。現実を見る目が磨かれる入門書の決定版。

目次

  1. VI 公共部門の経済学
     1 公共部門の3つの機能
     2 政府のお金の使い方――財政支出と税制
     3 財政政策の理論
     4 政府財政の未来を考える

    VII 金融システムを理解する
     1 貨幣は経済の血液
     2 貨幣のパワーを解剖する
     3 経済を動かすマネーサプライ
     4 金融政策の効能を解き明かす
     5 資金はどこからどこへ動く
     6 バブルを生み出した金融のメカニズム

    VIII 人と組織の経済学
     1 重要な役割を持つ企業
     2 日本的な企業システム
     3 労働市場の真実
     4 必要なのは競争政策
     5 変わりゆく日本の産業

    IX 国際経済を見る目
     1 海外との関係抜きでは日本経済は語れない
     2 基本データは国際収支表
     3 円高、円安どっちが得?
     4 通貨制度と政府の介入
     5 為替レートの変化に翻弄される企業
     6 貿易はなぜ必要なのか

    ブックガイド
    Coffee Break
    用語解説

著者・監修者プロフィール

伊藤 元重(いとう もとしげ)

学習院大学国際社会学部教授、東京大学名誉教授
1951年静岡県生まれ。74年東京大学経済学部卒業。78年 米ロチェスター大学大学院経済学研究科博士課程修了。79年同大学Ph.D.取得。東京大学経済学部助教授、同大学院経済学部教授を経て、2017年より現職

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading