「日本一うるさくて、おかしくて、おそろしい」と評判の東京やなぎ句会が30周年を迎えた。その歩みをエッセイ、俳句、句会実況中継など盛り沢山な内容でまとめる。男のつきあいの楽しさ、深さを笑いと共に味わう本。

友あり駄句あり三十年
恥多き男づきあい春重ね

定価:本体1,700円+税
発売日:1999年03月16日
ISBN:978-4-532-16298-6
上製カバー巻/四六判/280ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「日本一うるさくて、おかしくて、おそろしい」と評判の東京やなぎ句会が30周年を迎えた。その歩みをエッセイ、俳句、句会実況中継など盛り沢山な内容でまとめる。男のつきあいの楽しさ、深さを笑いと共に味わう本。

目次

  1. I.   爆笑! 句会実況中継

    II.  自選三十句 (全会員)

    III. 逝ける人の三十句(江國滋、神吉拓郎、三田純市)

    IV. 俳句と私と(全会員)

    V.  わが愛しの駄句

    VI. 東京やなぎ句会三十年史

著者・監修者プロフィール

東京やなぎ句会 (とうきょうやなぎくかい )

1969年1月発足。毎月17日に例会を持ち、1999年1月に30周年を迎える。現在のメンバーは、作家、芸能人9人(物故者3人)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading