古今東西のミステリ小説に登場する52人を通して、ミステリの知られざる魅力と奥深さを綴る。ファン垂涎! 読まず嫌いの人も必読‼︎

ミステリ国の人々

定価:本体1,500円+税
発売日:2017年05月15日
ISBN:978-4-532-17617-4
並製/四六判/292ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

古今東西のミステリ小説に登場する52人を通して、ミステリの知られざる魅力と奥深さを綴る。ファン垂涎! 読まず嫌いの人も必読‼︎

ミステリ小説という「国」には作家が造形した様々な「人々」が住んでいる。誰もが知る名探偵、事件の鍵を握る意外な人物、憎めない脇役、不可解だけれど目が離せない人……そんな人たちを通して、ミステリを読むおもしろさが何倍にも膨らむ「ツボ」を刺激してくれる、ミステリファン垂涎、読まず嫌いの小説ファンには目からウロコのエッセイ集。

ホームズ、ルパン、エラリー、金田一耕助という直球もあれば、明智小五郎の妻・文代といった変化球も織り交ぜつつ、本格ミステリの古典とされる『グリーン家殺人事件』やジョン・ディクスン・カーの密室モノ、ハードボイルドではロス・マクドナルド、ミステリの日本三大奇書とされる『ドグラ・マグラ』『黒死館殺人事件』『虚無への供物』まで目配りをきかせた人選は、格好のミステリ国へのパスポートになっている。

本書の最大の魅力は、古今東西の名編に、「有栖川有栖」がどのような読書体験を得られたかという個人的な経験が色濃く反映されていること。当然そこには作家だからこそ影響を受けた人物造形やトリックといった"栄養分"も含まれており、著者のファンはもとよりミステリファンにはたまらないエピソードばかりである。エッセイ集とはいえ1話読み切りスタイルでは必ずしもなく、取り上げたそれぞれの作品と登場人物が相互に響き合う連関性を保ち、読み進めていくうちにいつの間にか読者は、作品や登場人物を離れた「ミステリ国」そのものの奥深さに引き込まれていくだろう。作家ならではの読みが冴える待望のミステリガイド!

目次

  1. ヴァン・ダイン
    シャーロック・ホームズ
    松下研三
    明智文代
    ほか全52人

著者・監修者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)

1959年、大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながらコンスタントに作品を発表し、94年から作家専業。2003年『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞。08年『女王国の城』で本格ミステリ大賞。著作は『双頭の悪魔』『46番目の密室』『暗い宿』『乱鴉の島』『菩提樹荘の殺人』『鍵の掛かった男』『狩人の悪夢』など多数。2000年から本格ミステリ作家クラブ初代会長(05年まで)。07年から「有栖川有栖 創作塾」(大阪市)塾長をつとめる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading