始めたいのに、始められない。脱サラや起業がブームだが、ほとんどの人は事業開始までこぎつけられないのが実情だ。本書は自分にあったビジネスを見つけ、実際に開業するまでのノウハウをわかりやすく手ほどきする。

定価:本体1,000円+税
発売日:2000年06月08日
ISBN:978-4-532-10901-1
並製/小B6判/196ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

始めたいのに、始められない。脱サラや起業がブームだが、ほとんどの人は事業開始までこぎつけられないのが実情だ。本書は自分にあったビジネスを見つけ、実際に開業するまでのノウハウをわかりやすく手ほどきする。

目次

  1. I 成功と失敗の要因を把握する
      1 自分の「動機」を再確認する
      2 時間軸に沿って、成功と失敗の分岐点を見わたす
      3 続けるためには「自分との相性」を見きわめる
      4 「本当の動機」を点検する

    II 最適ビジネスに分野を定める
      1 自分の足下を見つめる
      2 自分の足下を掘り下げる
      3 「好きなこと」「得意なこと」から探す
      4 「求められていること」であればいつかはビジネスになる
      5 「天職」だと実感できるから、どこまでも成長できる

    III 実現可能なビジネスを描く
      1 事業計画はなぜ必要か
      2 「訪ねる、話す、訊く、調べる」から事業計画書が作成できる
      3 プランは「諸般の事情の変化」に応じて、何度でも練り直す
      4 「実現させるには」という視点に立って考える

    IV 起業家精神で挑戦する
      1 他者への依存心を断ち切る
      2 自分への協力者を獲得する
      3 資金調達に取りかかる
      4 「公的機関のサービス」を上手に利用する
      5 「人生経営」としての「独立開業」

著者・監修者プロフィール

小久保 達(こくぼ さとし)

1949年生まれ。1968年都立北園高校卒業。明治大学文学部中退。建築資材マーケティングのPPA、社員研修のジェックを経て、1985年(株)創業開発研究所を開設。現在創業開発研究所代表取締役。創業支援に関する講演、執筆、独立開業の個人相談、創業経営者への独自のコンサルティングを手がけている。 <主な著書>『起業/成功をきめる準備』(丸善ライブラリー)、『平成「起業家」物語』(ダイヤモンド社)、『「規制」の中に商機がある』(日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading