ギャンブルにもゲームに勝つコツがある。「引き際」や「勝負時」を間違えない「ツキ」の法則、駆け引きの技術、陥りやすいワナの心得など。これらの鉄の掟がビジネス競争に勝ち抜く上でも不可欠だと説く異色読み物。

ビジネスに生かすギャンブルの鉄則

定価:本体1,500円+税
発売日:2001年03月19日
ISBN:978-4-532-16379-2
上製/四六判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ギャンブルにもゲームに勝つコツがある。「引き際」や「勝負時」を間違えない「ツキ」の法則、駆け引きの技術、陥りやすいワナの心得など。これらの鉄の掟がビジネス競争に勝ち抜く上でも不可欠だと説く異色読み物。

目次

  1. 序章 バブルの紳士たちはなぜ失敗したか

       1 バブル期のギャンブラーたち
       2 四タイプの経済プレイヤー
       3 本書の内容

    1章 「ギャンブル」とは何か

       1 ギャンブルは原罪か
       2 ギャンブルを定義する
       3 偶然が支配する世界

    2章 「資本主義の精神」とは

       1 マックス・ウェーバーの「資本主義の精神」
       2 「投資」とは「ギャンブル的行為」
       3 江戸期の先進的な思想家鈴木正三
       4 日本の没落が始まる

    3章 ビジネスもギャンブルと心得よ

       1 自分の財産を使う行為
       2 目的は「金を儲ける」こと
       3 利益とリスクをともなう
       4 偶然が作用する
       5 自己責任の原則
       6 ビジネスにも「ギャンブラー精神」が必要

    4章 「ツキ」の法則と「勝負時」

       1 連勝や連敗をどうみるか
       2 アト付け理論のワナ
       3 「大数の法則」を利用する
       4 ギャンブルにおける「マネー・マネジメント」

    5章 駆け引きの技術

       1 超外交オンチ日本
       2 麻雀に弱い人
       3 ゲームの理論を応用せよ
       4 相手の優位に立つ駆け引き

    6章 「負けを取り戻そう」が最も危険

       1 はまりゆくパターン
       2 誰が、なぜはまるのか
       3 人の成功物語を信じるな
       4 決断できない経営者たち

    7章 9勝6敗人生のすすめ

       1 「ゆとり型ギャンブラー」で行こう
       2 人生を楽しく

著者・監修者プロフィール

谷岡 一郎(たにおか いちろう)

1956年生まれ。1980年慶應義塾大学法学部卒業、1983年カリフォニ ア大学行政管理学修士課程修了、1989年同大学社会学部博士課程修了(Ph.D.)。現在、大阪商業大学教授、学長.専門は犯罪学、ギャンブル社会学、社会調査論。 <主な著書>『ギャンブルフィーヴァー』(中公新書、1996年)、『ツキの法則』(PHP新書、1997年)、『現代パチンコ文化考』(ちくま新書、1998年)、『ラスヴェガス物語』(PHP新書、1999年)、『「社会調査」のウソ』(文春新書、2000年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading