鎌倉末期の京の公卿社会を舞台にした可憐な姫君と優美な稚児の悲恋物語。政治的陰謀渦舞く中、宮廷人の恋心と権力欲がぶつかりあう。スタンダール、シェイクスピアを彷彿とさせるきらびやかな時代小説の秀作!

中世しぐれ草紙

定価:本体1,800円+税
発売日:2007年06月27日
ISBN:978-4-532-17077-6
上製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

鎌倉末期の京の公卿社会を舞台にした可憐な姫君と優美な稚児の悲恋物語。政治的陰謀渦舞く中、宮廷人の恋心と権力欲がぶつかりあう。スタンダール、シェイクスピアを彷彿とさせるきらびやかな時代小説の秀作!

著者・監修者プロフィール

高橋 昌男(たかはし まさお)

1935年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒。博報堂、コスモ・ピーアール勤務を経て創作活動に入る。1985年から1987年にかけて季刊「三田文学」初代編集長。1997年文芸随想集『独楽の回転』で第25回平林たい子文学賞を受賞。 <主な著書>『町の秋』、『音無川絵図』、『巷塵』、『夏至』、『饗宴』、『ネオンとこおろぎ』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading